ワルツを気持ち良く踊るコツ

ワルツを気持ちよく踊るコツは3~1 社交ダンス

ワルツの123の「さ」と「ん」

ワルツは、大きく移動しなくても
自分が気持ちよく優雅に踊れていると感じたいものです。

そこで、ヒロス流社交ダンスのコツです。

ワルツを気持ちよく踊るコツは、

123の3(さ)と(ん)の
(ん)でロアーを意識した練習を取り入れると良いと思います。
1の足の動きはまだない。ということも意味しています。

つまり、

123 123のステップのとき
1回目「3」と次の「1」が混合にならないように
踊れると、もっと気持ちよくワルツを楽しめると思います。

ボディーやスウィングを意識してという難しい部分を
一気に省略して説明すると

3(さん)の「ん」で1の足を動かさないこと

このような練習を重ねてから
音楽を流して踊り始めると良いと思います。

音楽を流す前に
3(さん)の「ん~」って声に出したり

もしくは、好みによって

次の1(いち)を「うんい~ち」と声に出して

動いて練習することで

次の1への踊りが気持ちよくなると思います。

ワルツの音楽に気持ちよく聞きながら踊るためには

2ではなく、3~1の部分のテクニックを磨くと良いと思います。

3と1が混ざらないように
1のシューズの動きの知識を先生や仲間と話をして
盛り上がりましょう。

 

今日のブログは、
ヒロス流 社交ダンスワルツのコツ の話でした。

ヒロス流社交ダンスのコツは
主にツイッターで公開しています。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました