メンタルの修正

社交ダンス 笑顔 社交ダンス

社交ダンス 笑顔

今回のブログ ひとことで言えば、

 笑顔が先、その後明るい気持ち

チャチャチャ、サンバ、
クイックステップ、ワルツ、スローは、
笑顔で踊ります。

 気分がいいからじゃなくて、
明るい気持ちだからじゃなくて、
まずは、作り笑顔。

踊り始めて30秒後には、
ハッピーな音楽の後押しもあり、
確実に事前な笑顔に変わります。

 

 新しいステップへの挑戦時、
ステップの修正の時、
 理解してから練習ではなく、
理解する前に踊りましょう。

 行動、踊ってみてから徐々に
理解をしていきます。

 

 社交ダンスでも、ビジネスでも、
慎重さは、必要ですが、
 まずは、速く実行することで、
後から気持ちや理解がついてきます。

 

過去にやったことがあるなら、
理解して、納得してからの行動でも
良いですが、

やってみたことが無いことは、
まずは、やってみて不具合あれば、
失敗というか経験をして、
どんどん修正していくことが
上達のコツです。

 

 やったこと無い踊りも
まずは、やってみましょう。

ヒロスダンススタジオでは、
グループレッスンでも以下のダンスを踊ります。

《モダン》
ワルツ、スローフォックストロット、タンゴ、

クイックステップ、ヴェニーズワルツ、

ブルース 

《ラテン》
マンボ、ルンバ、チャチャチャ、サンバ、
パソドブレは、少しだけベーシック程度

 

 いろいろと挑戦して、
気分転換をしましょう。
気分がすぐれない、
メンタルケア的なつもりで
社交ダンスを踊りませんか?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました