ヒロス流 社交ダンスをデザインする

社交ダンスをデザインする 社交ダンス

昨日のブログの内容を
補足する部分もある今日のブログです。

社交ダンスという体験に関連する
いろいろなことにどう取り組んでいくか
というような話です。

 

これまで(コロナ危機の前まで)の社交ダンスのレッスンでは
・覚える学ぶ
・教える
ことに集中することが多かったと感じています。

だから、

ちょっとむずかしいことを
レッスンでもちょくちょく話していたと思います。

 

まるで「学習の場」のような感じになりがちだったレッスンを
今月からは、ちょっと変えていこうと思います。
「*もちろんいつもの実験的に」

つまり、

社交ダンスの踊りの部分に集中しすぎていたので

生徒さん(お客様)の社交ダンスに関わる”要素全体”に

関わる部分についてもアイデアを出していきたいと思います。

【学ぶ習う】という社交ダンス教室から
↓ ↓ ↓ ↓
【一緒に楽しむ】という社交ダンス教室
↓ ↓ ↓ ↓
社交ダンスの体験に関わる全てをデザインする

ということに取り組んでいきます。

社交ダンス全体をデザインしたい

色や、形という意味でのデザインではありません。
ココでいうデザインは、全体イメージ的なことです。
*わかりにくくてすみません。。。

【車で例えるなら】
 車そのものをデザインするということではなく
ここで話すデザインのイメージは
車に関わる体験全体つまり、
車の利用の仕方、車の運転、車での移動
車での移動中の過ごし方など
車に関わる全体的な”要素”を

デザイン(創造・提案・アイデア)を出すという
感じです。

 

社交ダンスの要素の確認

要素1:覚えこと

・社交ダンスのいろいろなステップ
・種目ごとの踊り
・ルーティン

要素2:教えること

・レッスンすること
・教えること
・見本を見せること
 

要素3:音楽との付き合い方

・音楽を楽しむこと
・リズムだけを聞きがちなところを
・メロディーや歌詞を
 楽しみながら踊る 

要素4:レッスンに向かう気分

・普段着と違う服を楽しむ
・ちょっとスポーティーな服を楽しむ
・非日常の時間への高揚感

要素5:それっぽく踊る楽しみ

・タンゴは、タンゴっぽく
・ルンバはルンバっぽく

要素6:相手への気持ちの部分

・上手なリード、上手なフォローより
 まずは、思いやりと優しさ
・正しいこと、真面目なことをより
 面白い会話

要素7:健康長寿のUP

・ゆっくりなテンポで
 ラテンにも挑戦
・足腰強化

要素8:若々しさ

・良い姿勢の獲得
・視線の強さ
・笑顔と紳士淑女さ

予想9:社会との接点

・自宅以外での会話
・感性、価値観の違いの承認
・雑談の時間

要素10:意欲と意識ある人生

・貢献意欲、情報伝達意欲、目的共有意欲
・参加意識、役割意識、帰属意識
 レッスンの予約時間
 参加者としての活躍

 

まとめ

これからの社交ダンス教室は

✔社交ダンスを覚える学ぶことだけじゃない

✔ダンスで学んだ雑談を楽しみましょう

✔多少のストレスも良しとする。
 社交ダンス教室で人と接することで
 とても良い意味としてストレスを感じましょう

 雨風がきつく当たることで美しくなる
 水の流れ、潮の流れが激しいところで
 きれいな魚やサンゴ、水草が育つ

✔社交ダンスという体験に関わりの有無に
 関係なく良い会話と情報源の場として
 社交ダンス教室に足を運んでください。

✔社交ダンスをいろいろなことと
 多少むりやりでもいろいろと結びつけましょう

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました