ニュートラルの位置は大事

ヒロス流社交ダンス上達のコツ 社交ダンス

中立の状態 中間的な状態は大事

ニュートラルという言葉を
2つの状態として定義して
今日のブログを進めます。

 

◆マニュアル自動車では
 ギヤが入ってなく
 動力が伝わていない状態

◆2つの状態や意見の
 いずれかに偏っていない状態

 

音楽なしの練習の時に
このニュートラルな部分を
意識して踊ることで
社交ダンスの上達や
楽に踊ることに
役立ちます。

 

ヒロス流社交ダンスでのニュートラルの位置

社交ダンスでの
ニュートラルな位置は?

をイメージしてみます。

今回のニュートラルの位置は
前後、左右に両足を開いた状態での
中間の位置ではありません。

 

今回のニュートラルの位置としては

モダン(スタンダード)やラテンでも
同じで

前進や後退のステップの時
体重が乗っている足の横を
反対側の足が通過する部分を
イメージしてください。

シューズが通過して
シューズが一瞬だけ
揃った状態の部分です。

 

1歩目右足前進、2歩目左足前進
の時、
1歩目から2歩目の中間
右足の横に左足が通過する瞬間の
位置です。

 

ニュートラルの位置は大事

スタンダードにおいて
このニュートラルの位置で
1歩目の足首や膝が伸びること
が嫌な感じだと思っています。

 

ステップしているときは
一瞬の部分であるニュートラルの位置
が大事だということです。

 

ニュートラルの位置の大事な3つのポイント

スタンダードで
ニュートラルの位置の
大事なポイントを話します。

 


ニュートラルの位置は
両足の足首と
両膝が曲がっていること

 


肩甲骨の間がぐっと
狭くなっていること

 


両肘(主に自分の左肘と相手の左肘)が
左右に強くストレッチしていること

 

この③つの状態が

ニュートラルの位置で
整っているかを

音楽なしで
ゆっくりとした動きで
確認してみてください。

 

ついつい
シューズを床に
着きに行く時や

両足のシューズが
床に着いている時の

状態を分析しがちです。

 

ニュートラルの位置
反対側のシューズが
床に着いているシューズの横を
通過するその一瞬の部分である

ニュートラルの位置の

足首
ひざ
肩甲骨の状態
肘のストレッチ感

 

をチェックしてくてください。

 

ヒロス流社交ダンス上達のコツの
話でした。

 

ヒロス流社交ダンスのコツや
レッスンで、話している内容は
このブログだけでなく

ツイッター

でも公開しております。

ツイッターも
フォローいただけるとうれしいです。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

#################YouTube用####################
*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
社交ダンス教室です
 日曜日の社交ダンスレッスンも可能です
 
静岡市清水区村松699-1
 
【電話はこちら】
 
【メールはこちら】
 
『ネットでみました』でお話ください。
電話・メールをお待ちしております。
 
※当スタジオでは
パーティーや発表会は開催しておりません。
 
 
*******************************************

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました