ダンスのコツ 中級~上級編

静岡市 社交ダンス教室 社交ダンス

静岡市 社交ダンス教室

今回のブログは、
社交ダンスの表現についてです。

 

ヒロスダンススタジオの社交ダンスの
技術的なコツやレッスン内容公開は、
普段は、ツイッターで投稿していますが、
今回は、ブログで話します。

 

上手は踊り、ダンサーっぽさって、

☑ タメが見えること

☑ ストレッチ感が見えること

☑ 回転の速さが見えること

 

今回は、タメを中心に話します。

 

ボディー全体を
見ると動きつづけている中、
例えばシューズとか、ボディーの一部を
一瞬動きを止めることで、
 タメとストレッチ感を表現できます。

 

腕の使い方も
ピッ!!て伸ばして、
ピシッ!!と止めているように見えても、
ピシッ!!の後「しゅ~っ」と少し動いている
ことで、余韻的な動作が上級テクニックです。

 

ボディ全体を大きく動かし踊れるほど、
「体の一部を止める・固定する」テクニックが
重要になります。
 それが、
タメ、ストレッチ感の表現になります。

 

だから、

中級レベルから上級レベルの方
どんどんボディが動くようになると
「ガシャ、ガシャ」した動きになって
しまうので、
ボディの一部の【固定・止める】
重要になります。

 

もちろん、ボディー全体は、
動き続け、
その中での【一部の固定・止める】
ということです。

 

つまり、まだ、ボディ全体を
大きく動かせない方には、
今回のテクニック「一部を固定する」は、
不適切なアドバイスになりますので、
注意してください。

 

ツイッターでは、
まだたくさんのコツ、テクニックを
公開しておりますので、

良かった見ていただき、

気に入ったらフォローをお願いいたします。

 

今回も読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました