きれいな姿勢 正しい立ち方

社交ダンス 静岡市 姿勢 立ち方 社交ダンス

社交ダンス 静岡市 姿勢 立ち方

社交ダンスは、
姿勢が良くなる。って聞きますね。

 

その理由は、
レッスンの時、
「まっすぐ立つ!」
って言うことを何度も言われ、
もちろん、
真っすぐ立つことが基本中の基本。

 

そして、重要なことは、
他人から見て
・真っすぐな姿勢
・きれいな姿勢
ということです。

 

自分がきれいな姿勢になるという
意識ではなく、
何をして立つかを意識しましょう。

 

【先に注意点】
S字カーブしている背骨を
真っすぐにして、良い姿勢を作る
ということではないです

 

 

良い姿勢のために
具体的やることは、

 

1.肩を、前から後ろにぐるりと
  肩回しをしておく。

 

2.足先で立って背伸びして、
  安定したら、その位置からそ~っと、
  かかとを下ろす

 

3.体の中に真っすぐな中心軸を
  作るイメージ。
  →横から見ると耳のあたり。

 

4.背骨の少し前の位置に
  真っすぐな中心軸を作るイメージ

 

5.足の裏から膝、
  骨盤、肩、頭が、積み木ブロック状に
  積み重ねるイメージ

 

いかがでしょうか?

 

日常生活で真っすぐ立つ
姿勢の作り方でした。

 

社交ダンスで踊る真っすぐな姿勢に
するのは、日常生活の真っすぐ姿勢
とは、ちょっと違います。

 

社交ダンスの良い姿勢は、
日常生活の良い姿勢の状態から、
次の2つの調整が必要です。

 

1.膝を緩めること
2.足の指に力を入れて、
  少しかかとを浮かせること

 

 

 良い姿勢は、一番疲れない姿勢
ダンスではげしく動いても
よろよろしない。

 

良い姿勢、
美しい姿勢は、

 

☑健康そうにみえる

☑気分よくなる

☑悩みがないようにみられる

☑なんとなく、不安が減り
 自信があるように感じる

 

良い姿勢、美しい姿勢が
できたら、

 

今度は、美しい歩き方
を工夫してみてください。

 

今回も読んでいただき
ありがとうございました。

 

 社交ダンスを学びながら

良い姿勢を身につけたいかたは、

「ネットでみました」で

電話、メールをお待ちしております。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました