「さ~」と「パッ」や「シュ」の言葉で動き強化する

言葉の音で上達する社交ダンス 社交ダンス

社交ダンスの移動やステップや回転のイメージは言葉が大事

スタンダード(モダン)でもラテンでも
さ~す~やパッやシュという
言葉の音で踊りが変わります。

 

たとえば、

「さ~」っていう言葉を聴くと
そのステップのときのカップルの移動が
流れるようになめらかになったりします。

 

「パッ」っと声を出しながら
踊ると
ステップした脚に
パッ、パッ、パッと
体重をどんどん移した動きになります。

 

「シュ!っと声をかけると
回転にキレが生まれます。

 

☑動きや感覚を文書で伝えるより
 一言「言葉の音」
   で 伝えることが

踊りの雰囲気をアップするコツです。

 

言葉の音と動作の感覚的連想がコツ 

特に、ラテンでは
キレよく踊りたい場面が多いです。

そんなときは、
そのステップのときに

「シュ!」とか「パッ!」
とちょっと声を出してみてください。

 

自分のためでもあり
相手のためでもあり、

レッスンのときには
生徒さんのステップのタイミングに
合わせて

「シュ!」とか「パッ!」
と声を出すと動けます。

 ほぼ説明不要。というぐらい
自然とキレが生まれるはずです。

 

 社交ダンスの経験年数や
年齢にほぼ関係なく

言葉の音によって
ステップの動作が変わると思います。

 

スタンダードでも言葉の音は使えます。

例えば、
スローフォックストロットの
ナチュラルウィーブのとき

「トン、トン、トン、ト~ン」
という「言葉の音」で
自然とフットワークが
「トー、トー、トー、トーヒール」
になったりします。

 

つまり、

「言葉の音」で踊りの雰囲気だけでなく
フットワークまで上手になったりします。

 

 社交ダンスの踊りを良くするために
専門用語や文書での説明が
必要な場面も多いですが、

シュ、とか、す~ とか
パッ、タンタ~ンとか

言葉の音で
踊りを理解できることも
多いと思います。

 

 次回の練習やレッスンのときに
「言葉の音」の効果を試してみてください。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました