コロナ鬱コロナノイローゼ:ヒロス流対処策

コロナ鬱コロナノイローゼ防止対策 メンター

先日のブログ(こちらの記事)でも言ったように
徐々に分裂が始まっているように感じます。
 

暑さでコロナによる人の分断が加速

 暑さで、基本ベース疲れがでている中

Aさん:35℃ぐらいの屋外でもマスクをしている人
Bさん:マスクをしていない人

 暑さが加わっている中での
Aさん、Bさん のお互いへの批判の気持ち
批判だけなら良いのですが
小馬鹿したような思いが
お互いに向けて批判小馬鹿にした
視線と態度で

コミュニティーの分断が始まってきたように感じます。

 

知識・価値観・過去の体験の違いが原因

 

日常生活でもビジネスでも
意見の違い、思いの違い
怖さの違い、楽観視の違い
があります。

 

コロナ以前からも、意見の違いで
人を批判したり、小馬鹿にしている人
が現状

コロナへの意識の違いでも
同じような態度をとっているように感じます。

 

コロナでも
日常生活でも
ビジネスでも

 

意見の違い、思いの違いは、

「黒色が好き」
「白が好き」
「海が好き」
「山が好き」

という程度に、意見の違いを
す〜っと軽い気持ちで

☑お互いに承認し合うことが大事

 

知識の違い、情報源の違い、
それぞれの体験の違いによって、

自分が海が好きで
 相手が山が好きだと

批判したり、小馬鹿にしているような人は
よ〜く考えたほうがいいと感じます。

 

議論は知識価値観経験の共有がスタート

事実や統計的にみるか
感情的にみるかで
飛行機が怖い、船が怖い、車が怖い
人それぞれ違うので、

相手の意見を承認するだけが大事です。

意見が違う人とどうしても議論したい場合は
お互いの情報量、知識量、判断基準(何を危険だと定義するか)
それぞれの過去の体験などを
お互いの頭の中を揃えてからが議論のスタートです。

 

正しさよりも承認しあうことが大事

 社交ダンスでも、日常生活でも、
ビジネスでも、コロナでも
忙しい中、相手と知識など全く揃える時間も
ないと思いますので、
まずは、相手の言動を承認し合うことで
コミュニティーの分断が防げると思います。

 

結論

コロナへの思いは、人それぞれ

35℃で屋外で一人でいても
マスク付けても付けなくても
→人それぞれ

海が好きな人もいれば
山が好きな人もいる
過去の体験
現在の状況も知らない事が多い

そもそも知識と情報量、
それまでの体験の違い、好みの違いなど
人それぞれ違いだらけ

 

だから

 

☑相手に承認してもらわなくても
 自分自らは、まずは相手を承認すること

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも
コロナでも

同じです。

 

家族や小さなコミュニティー
で、上手な人間関係の実験を進めてみてください。

コロナの話は良い機会だと思っています。

政府も知事も専門家もいろいろな意見で
モメている話ですが

 家族や身近でモメない程度に。。。
上手にコロナの話ができるといいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました