言葉よりデザイン的イラスト的画像的に比較する

違いや差は視覚的比較が大事 ヒロス流考え方

文字ではなく視覚として反射的に比較する方法とメリット

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

・上手な人との比較
・大きさの比較
・量の比較
・動きスピードの比較
・早さの比較

など比較をすることが多いです。

 

比較をすることで
”違い”や”差”がわかる。

 

そのことで

 上手な人や見本にしたい
人や動きを真似したい
という前向きな
行動につながります。

 

☑自分や他の人同士を比較する方法
 ”違い”や”差”を
 見やすくわかりやすくする方法と
 そのメリットについて話したいと思います。

 

◆”違い”や”差”が分かる方法を
  話しますが、
  ”違い”による差別や
  ”差”による差別
  ということではないです。
 

☑早くわかりやすく
 ”違い”や”差”を認識する方法を話します。

 

見たものを文字にせず視覚として認識する

例えば
 大きさを比較するとき

「大きい」  「小さい」
というように文字より

     

図やイラストのように
画像で認識することで

✔ひと目で”違い” ”差” が分かります。

 

「大きい」「小さい」
という文字にすることは
見たものを一旦文字に変換していることで

変換のやり方、変換の程度により
一つのフィルターがかかってしまいます。

フィルターが間違っていれば
大げさな ”違い” ”差” 
になってしまう危険もあります。

 

一方、
画像、デザイン、イラスト的な
視覚・見た目という情報で
捉えることで

素早い比較ができます。

 

素早い比較ができるメリット

ひと目で違いが分かるには
視覚的見た目で比較する意識が
大事になります。

そうすることの繰り返しにより

比較する人や物を見た時

☑デザイン的、見た目的、画像的な
 視点で比較する眼力が着くと思います。

 

見た目、目に入る物理的な物の
画像的視覚的な生の情報を
頭にいれることで

素早い比較 ”違い”と”差”が
見えるようになると思います。

 

画像的視覚的な生の情報を
その場、その時の自分の状態で
変化しがちな

フィルターをとおしてではなく
言葉に無理やり変換するのではなく

 

画像、イラスト、ものや動きである
生情報、視覚的情報で判断することで

すばやく、客観的に比較できて

”違い” や ”差” が 見えやすくなると思います。

 

☑”違い” や ”差” を 
 素早く認識できるようになると

 その中での、
 良い部分、真似したい部分を見つけやすくなり

 どんどん自分に取り入れていきたくなる
 と思います。

 

今日は、違いや差という比較をする時は
文字に変換せずに
デザイン的、イラスト的、画像的な
視覚で認識する方法とそのメリットについて
書きました。

 

違い、差 がわからないと
誰の、どの部分、どの動きを
目標や参考にしたいかが
みつけにくくなります。

 

 社交ダンスでも
何組も踊っている中で
”違い”や”差”を画像的視覚的に
比較することで

自分の目標にしたい踊りが
見つけやすくなると思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました