自分を追込過ぎ

社交ダンス 静岡市 ヒロス流考え方

社交ダンス 静岡市

今回のブログ ひとことで言えば、

 自信を持っていい

1つの事が吐出していると、
普通レベルであっても、ほかのことが
すごく劣っていると感じてしまうことがあります。

 

 社交ダンスは、
パーティーダンスで 3種類
競技ダンスで、10種類あります。
その中でも、得意不得意があると思います。

 例えば、自分の得意な種目がワルツだった時、
また、そのワルツがとても上手だった場合、
普通のレベルで踊れているタンゴが
すごく苦手=下手に感じてしまうことがあります。

 例えば、
モダンはレッスンも受けているから
周りより上手な時、

 ラテンが下手だと自分で
思い込んでしまうことがあります。
 周りから見ればラテンも上手なのに。。。

 

つまり、

社交ダンスでも、日常生活でも、
ビジネスでも、自分の中で一つ
周りよりかなり上手とか、能力が高いものを
持っていて、自信があるとき、
 周りから見れば普通のレベルなことが
自分では下手、苦手だと感じしまうことがあります。

 

 周りと比べるか、比べないかは、関係ないですが、
自分が一つ優れたことを持っている時、
 それ以外のことも自分への要求レベルを
高くしている場合があります。

 したがって、
・得意なこと優れていること と、
・下手なこと  
    で分けるのではなく、

 

・得意なこと優れていること と、
・それ以外 

  という感覚でいいと思います。

 

 苦手、不安という感覚が
趣味時間でもビジネスでも
少なくなるといいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました