精密過ぎないこと

機嫌よく過ごす コツ 工夫 ヒロス流考え方

機嫌よく過ごす コツ 工夫

今回のブログは、

☑ 明確にし過ぎないこと

☑ 精密にし過ぎないこと

 

という話です。

 

明確にし過ぎないこと

・相手のやることを監視してしまいます。

・相手の動きを尊重することより、
 自分の意見をいいたくなります。

・選択肢、その他の可能性を減らします。

 

精密にし過ぎないこと

・決まりや約束の解釈のズレが気になります

・感情や気持ち、想いよりも
 行動そのものに価値を感じてしまいます。

 →いやいややっても気づきにくくなります。

・本来の目的よりもマニュアルどおり行動すること
 に努力してしまいます。

・ 曲が始まっても、
 なかなかスタートできなくなります。

・精密にしすぎると、
  反復練習の絶対量が減ります。

 

【明確にし過ぎないメリット】

・異常な状況の際に、対応しやすくなる。

 

 社交ダンスに例えると

右足を踏み出すとき左手前!
というルールを明確にしすぎないと、
大きな動き歩幅や段差のとき
出る足と同じ側の右手が前になるという
ことが無意識で自然な動きができる。

 階段を一段飛ばしで登るときと
普通に登るときで実験してみてください。

 

 

【精密にし過ぎないメリット】

・行動、動作 に
 遊び(ゆとり)ができます。

・カウントと足の動きを精密に
しすぎると大きな動きの練習が
できなくなります。

 

 社交ダンスに例えると

肘から指先までの部分も
自分の形に精密を求めすぎると
相手に自分の動きが伝わりにくくなります。

 

【メリット1】

 肘から手までは、動きに
遊び(ゆとり)が必要です。
 相手の全身のゆらぎを感じられると思います。

 

【メリット2】

チャチャチャもルーズさがあると
動きが良くなります。

 

【メリット3】

クイックステップのシャッセ、ロックが
深く入らないようになります。

 

ということで、

明確、精密 にし過ぎないことで、

・人間関係の悩みも減るかもしれません。

・社交ダンスの練習量も増えるかもしれません。

 

今日も、ブログを読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました