社交ダンスのココがちょっと難しい理由

社交ダンスで 脳トレ 脳の活性化 ヒロス流考え方

今日の話は、社交ダンスのちょっとむずかしい部分
について話したいと思います。

 ちょっと難しい。。。だから

そこには効能がある!

✔脳トレに良い
✔脳の活性化に良い

などがあると思います。

2人で踊る社交ダンスの不確実性が難しい

 社交ダンスは2人で踊るので、
社交ダンスの難しい点は、日常生活
ビジネスでの人間関係にも似た部分があります。

伝達リードが伝わらない分からないことが難しい

■リードが上手に伝わらならない難しさ

 男性が
「あれ?リードしたステップと女性の踊りが違う。。。」

 女性が

 「あれ??私、リード(指示)が間違っちゃったかな???」

という
 ✔伝達性・不確実性の難しさがあります

 このトラブル時は、もう一つの難しことが
紐付いています。

✔すぐに違ったステップに変える修正の難しさがあります

 カップルの2人が、「違ったステップになってしまった」
その直後に、お互いにステップを合わせるために素早い修正を
することが難しいところだと思います。

ステップの順番が常に同じではない難しさ

固定のカップル、いつものグループレッスンなら
この難しさは、ありません。

■ダンスタイムではステップの順番が決まっていない難しさ

 ダンスパーティーや、フリーで踊る時間には
男性のリードと、場合によっては女性の動きに合わせて

✔ランダムなステップで踊ること
✔ステップの順番の変動性が難しいところです。

 ・リードができるかという問題
 ・女性が踊れる?、知っているステップか?

 踊っている中で、相手の動きを察知したり
相手をしっかり観察したり、
過去の踊りの記憶検索などで脳がフル回転していると思います。

 

他のカップルやフロアーに合わせる難しさ

ほどんどの場合、他のカップルも
一緒に踊ります。

だから、他のカップルを避けたり、動きを予測して
ステップの
・回転量を変えたり
・種類を変えたり
・小さく移動したり
・腕を畳んだり
することがあります。

■ステップは同じでもいつもと違う
 しかもその場に合わせる
 複雑性と曖昧さが難しいことです。

 

これらの難しさは
すべての場面の人間関係で共通の難しさだと思います。

☑伝達性・不確実性の難しさ
☑変動性の難しさ
☑複雑性と曖昧さの難しさ

 ちょっとむずかしいし、
対応が失敗することもあると思います。

 この難しさから、突発的に発生したトラブルを

上手に対応できるようにするために

普段から、
お互いが機嫌よく、承認し合える
人間関係を作っておくことが大事だと思います。

 

 繰り返しになってしまいますが
社交ダンスを趣味にすることで

☑伝達性・不確実性の難しさ
☑変動性の難しさ
☑複雑性と曖昧さの難しさ

の対応力が身につき、

なんと言っても、この難しさが

脳の良い刺激になると思います。

 

ヒロスダンススタジオでは、

平日だけでなく、日曜日の
社交ダンスのレッスンもお待ちしております。

 

引き続き、よろしくお願い申し上げます。

ヒロス&ミスズ

 

お問い合わせ担当は、

ミスズです。

『ネットでみました』でお話ください。
   メールもお待ちしております。
*****************************************
ヒロスダンススタジオ 
 
◇主に社交ダンス教室です
         日曜日も社交ダンスレッスンしています
 
◇貸しスタジオとして借りられます:先生向け 
    ★ダンス、楽器などのレッスン会場としてご利用ください
 
 
◇貸しスタジオとして借りられます:お友達・個人の練習向け
  楽器、音楽、ダンス、余興の練習など
    ★練習場所としてご利用ください
 
静岡市清水区村松699-1
 
*****************************************

コメント

タイトルとURLをコピーしました