決められた約束とルールを守る意識を大切に

社交ダンスの不安を減らすコツ ヒロス流考え方

社交ダンスの上達も約束とルールをきっちりと守る意識が大事

今日のブログは、社交ダンスを安心して踊るためのコツに関する話です。

「こんな時どうしよう」
「こうなってしまったら。。。」

 という イレギュラー対応のことは気にせず
まずは、決められた約束ごととルールで踊れる範囲のテクニックを
しっかり身につけるといいと思います。

 

その場の対応、その場の調整
社交ダンスで言えば
その場では大きな回転量にする
その場では小さな回転量にする

というように
その場の調整、修正、編集的な処理は大事です。

 

しかし、それは、30%程度かなって感じています。

 

ということは残りの70%程度は

決まったテクニック
決まったルール
決まった約束

に基づいています。

 

全体の30%の部分のことに力を入れると大変

・ちょっとイレギュラーの対応ができるようになること
・その場、その時に困らないようにするための
 テクニックを増やしたいということ

に関して意識を強く持っていると大変です。

練習する機会が少ないですし
毎回状況が違うので、その場の調整対応はうまく行かないことが多いです。

例外的な部分も
上手に対応できることができるようにならないと
いけない。。。そんな思いでは大変です。

 

通常の場面だけ楽しく踊れればいい

全体の30%もあるかないか分からない
その場、その時のイレギュラー対応力を伸ばすより

まずは、残り70%の場面普通の場面で
楽しく、上手に踊れることに学習と練習をする
という意識も大事です。

全体の70%を占める普通の状況においては
・決まったテクニック
・決まっている技術
・決まっているルール
・決まっている約束

の部分を丁寧に踊ることで
多くの場面で安心して楽しく踊れると思います。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

その場、その時の対応力がすごいこと
って思う前に、

全体の普通の場面として70%程度の部分に対して
・基礎的なことしっかりやる
・約束ごとを守る
・ルールを守る

という行動にしっかりと取り組むことがいいと思います。

 

例外的な場面は、
将来の学びの機会として、上手く踊れなくてもOK
ということです。

その代わりに
決まった踊りの部分では
不安少なく、楽しく踊れるようになるといいと思います。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました