情報を相手に伝えるアウトプット力の鍛え方

社交ダンで鍛える情報伝達力 ヒロス流考え方

情報伝達力を鍛えられる社交ダンス

2人で踊る社交ダンスでは
情報伝達のテクニックを高めることができると思います。

なぜならば

社交ダンスを踊ったり教え合ったりするときに
相手に自分の情報(リードや動き)を
伝える場面が多いからです。

伝える方法の大きな分類は2つ。

◆物理的な情報伝達
 手など身体を使った方法

◆非物理的な情報伝達
 言葉や見た目や物語的な会話による情報伝達

という2つ方法をちょくちょく使っているからです。

例えば
◆ルンバのリードでは
フィジカルリードとヴィジュアルリードで
相手に次のステップの情報を伝えます。
 (その他、ウェイトチェンジやボディーシェイプもあります)

◆社交ダンスの練習のとき
 相手に次のステップを伝えるときには
・両手やボディーを使って伝えたり

・動きの強さや大きさなど数字で伝えずらいことを
 言葉やたとえ話で伝えたりしています。

 

相手に自分の情報を伝えることは難しい

社交ダンスの練習でもレッスンでも
相手に自分の情報を伝えることは難しいです。

だから自然に伝える工夫をしていると思います。

物理的伝達方法や非物理的伝達方法で
頑張って伝えようとしているはずです。

・手足など物理的に伝えるだけでなく
 言葉やカウントに抑揚をつけたりして伝えようとしています。

・ステップや動きや種目それ自体が
 生まれた歴史を物語的に語って
 表現したい雰囲気も伝えようとしています。

 

◆手足、身体、言葉を使って
 具体的な情報で動きを伝える努力

◆雰囲気など概念を含めた
 抽象的な情報で動きを伝える努力

社交ダンスを趣味遊びにしている人は
そんな努力で情報伝達のテクニックを鍛えていると思います。

物理的な伝達方法
非物理的な伝達方法

の2つの伝達方法を無意識的に鍛えることで
社交ダンスだけでなく
日常生活でも
ビジネスの場でも

自分の思いを相手伝える情報伝達のテクニックが
上手なコミュニケーションに役立つと思っています。

 

社交ダンスは、運動と気分転換だけでは
もったいないです。

日常生活やビジネスでも役立つことも
一緒に学んでいきましょう。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました