居心地の良い感情で過ごすメリット

理屈より感情 居心地の良い感情で過ごすこと ヒロス流考え方

社交ダンスの練習や
日常生活の雑談で

自分の感情が大事

という話しをしたいと思います。

 

昨日あ~言ってしまった、別の言い方で伝えるべきたっだ。。。
などと自分の言葉使いに反省することよりも、

 

✔人に対して優しく接することができたか?

✔穏やかな気持ちで相手と会話していたか?

 

を確認すると良いと思います。

 

まずは、自分の話す言葉が相手の
心を軽くできているかな?って考えることが
大事だと思います。

 

そのために、身近な人や、ちょくちょく会う人に
対して、

安心して話せる状態をつくる

楽しく気持ちが軽くなる話をする

✔相手を信じてそうだよね。って言う

✔相手の発言を信頼する

という会話の良い態度でで爽やかな声で話すと
良いと思います。

 

喜んでもらったり、安心してもらったり、
承認してもらえてると相手に感じてもらえるように

 

感情の部分に気をつけて過ごす

 

と良いと思います。

 

マニュアルどおり、感情を込めずに
■言うだけ、
■やっているだけ

だと、

✔相手を大事にするという感情が不足して

✔相手や自分が不愉快に感じたりして

 

上手くいかなかったりします。

 

よい感情がなくて言葉だけだと

 

✔ミスっていないようで、ミスっている

ということになります。

 

理屈の言葉だけじゃなく、 感情(安心や信頼) とのあわせ技で

 

理屈では、人も自分のなかなか動けず、
感情が行動のエネルギー源になることが多いと感じています。

 練習の前
 練習中
 練習の後

 日常生活の会話で、

心が軽くなる会話をするように心掛けると良いと思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました