人とつながっていることがストレスを減らす

ストレス不安を減らすために雑談が大事 ヒロス流考え方

社交ダンスから学んだ
 ヒロス流考え方シリーズです。

コミュニケーションと人とのつながりのメリット

✔ストレスを減らす

✔明るく機嫌よく過ごせる

そう思っています。

 

日頃の雑談で

できれば、自分が好かれている人に
自分の弱みやちょっとした悩みを
話せるといいと思います。

 

 趣味の集まりや
習い事(お稽古ごと)で顔を合わせた
お友達との雑談の機会が
大事だと思います。

 

弱みを話せばより具体的助言がもらえる

お友達、仲間との雑談で
・最近のストレスが原因で疲れている

・こんな嫌なことがあった

などとやや弱音を伝えれば伝えるほど

✔具体的で実用的なアドバイスをもらえる

そう思っています。

 

 雑談だから、正しいとか正しくないとか
そういったとらえ方ではなく

 

 教えてもらった善意のアドバイスを
軽く実行してみるノリの良さが大事だと思います。

 

それがまた、次に会った時の
雑談のネタになると思います。

 

相手を恐れすぎずに雑談会話をすること

雑談や日常会話でついついおそれてしまうこと
それを恐れずに会話するといいと思います。

 

【恐れてしまうこと】
【相手がそう思っていると感じてしまうこと】

・自慢話をしている
・誰かと比べている
・自己中心的

そんなふうに相手に思われていないか
恐れて会話しないことです。

または

・悲観的
・逃げ腰
・不満
・気難しさ

そんなふうに相手に思われてしまわないか
恐れないことです。

 

言葉を選ぶ雑談を減らすコツ

できるだけ気軽な雑談を
 たくさんしておくことがスタートラインだと思います。

 

■真面目な話や正確な話ではなく
 面白い話を心がけること

 

■感情的な言葉を使って
 どう感じているのかを素直に話すこと

 

■話していることで自分の気持ちが
 軽くなるように話すこと

 

■聞いてもらっている相手の気持ちを
 暗く重くしないように話すこと

 

たくさんの雑談と会話を日頃から
心がけておくことで

緊急時の大きな困った時
どうしても誰かに聞いてもらいたい時

☑相手に上手に説明できるテクニックとして役立つ

そう思います。

 

言葉以外のその場の雰囲気や声のトーン
話し方や表情でもいろいろと読み取れますが、
勘違いの元でもあります。

相手の言葉にできない部分を読み解く超能力者でもないので

☑会話(言葉)で相手に伝えることが大事
  だと思います。

 

同じぐらいに

☑会話(言葉)で相手の考えを承認共有することが大事
  だと思います。

 

勘違いと誤解をしないためにも
日常での雑談コミュニケーションで
伝わりやすい理解し合える人間関係を
作っておくことが

緊急時
非常時の

会話のときに役立つと思います。

 

そして、結果的に会話とコミュニケーションによって

不安が減ったり、ストレスが減ったり
ものとらえ方をちょっと変えるきっかけになると思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

P.S.

ヒロスダンススタジオでは
社交ダンスのレッスンの前後の会話を大事にしております。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました