リーダーの悩み解決策

リーダーの悩み解決とコツ ヒロス流考え方

リーダーの悩み解決とコツ

今回のブログひとことで言えば、

リーダーの役割を発揮したいなら
相手にもっと関心を持とう!

という話です。

 

社交ダンスのリーダー(男性のこと)も
仕事のリーダーも
おそらく3つの勘違いしています。

 

①自分の技術を高めれば相手を
 上手にリードできるという勘違い

 

②社交ダンスがうまくないと
 女性を上手にリードできない
 という勘違い 

 

③仕事ができる人なら
 良い上司、良いマネージャーに
 なれるという勘違い
 

リーダーがどんなに技術を高めても
相手のためのリード
相手に伝わるリード
をしないと
相手は、動いてくれませんね。

 

結局は、相手に興味を持って、
相手のことを想って、
リードしないと
相手は、動いてくれません。

 

上手でも
仕事ができても、

相手に強い興味と関心を
持っていなければ
リーダーとし活躍できないですね。

 

リードが上手じゃなくても
相手が気分良ければ、
いい動きをしてくれます。

 

 社交ダンスのリードのように
女性を回転させる時
動き全体100%の内

きっかけのはじめの20%ぐらいの
リードで十分です。

 

 余分なところまで
リードをしないように
気をつけましょう。

 

社交ダンスから学ぶ考え方

でした。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました