なぜ?どうして?の連続が上達のコツ

上手なアドバイスの聞き方 社交ダンス ヒロス流考え方

アドバイスの理由こうやったらいい理由を知ること

理由をしってやってみること。

アドバイスややり方を聞いたときに
なぜ?
どうして?

というように疑問ではなく
理由に興味を持つことが大切です。

言われたとおりに踊るだけでは
もったいないです!

理由を知らないままでは
以前との比較もできないからです。

今まではこうなっていた
このアドバイスを聞いてこうなった

というように

その改善理由もわかった上で
ビフォーアフターが自分でわかると

自分の進歩が分かり気分がいいものです。

 

自分の踊りの改善の具体的な理由がわかると
カップルの相手や仲間へのアドバイスにも役立ちます。

一つの踊りの改善の詳しい変化が分かると
多くの場合
他のステップや種目でも
そのアドバイスを利用して
改善できることがあります。

言われた通り、
その場、その時にさらっとやってみるだけでは
もったいないです。
なぜ?どうして?の連続思考で
聞いたアドバイスの効果がより大きくなります。

自分に言われたアドバイスに
疑問に持つこととは心持ちが違います。

なぜ?どうして?と
理由と原理を知りたいという心持ちは
アドバイスしてくれる先生や仲間の気分を盛り上げます。

アドバイスに興味をもち
もっと知りたいという姿勢は

アドバイスしてくれる人へ
自分は、アドバイスをいっぱい聞きたいことを
伝えることになります。

アドバイスをくれる仲間やカップルの相手が
安心して、自分にアドバイスしてくれる人間関係を
しっかり作ることがうまくなれば、

アドバイスの機会も増え

ますます社交ダンスが踊りやすくなると思います。

そのアドバイスが増えた時にも
言われたとおりにやってみるのではなく
どうして、なぜ?と
そのアドバイスの理由を理解していきましょう。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました