うっかり完璧を目指すと楽しみが減る

社交ダンスを楽しむ失敗の考え方 ヒロス流考え方

社交ダンスを楽しむコツは完璧を目指さないこと

踊りなれてきたルーティン
踊りなれたステップ

一切の失敗も許さない
うまく踊ることが当たり前。。。

趣味で楽しむ社交ダンスでは
”うっかり完璧をめざしていた”
とならないようにしましょう。

という話です。

 

 一緒に組んで踊る相手もいて
他のカップルや回転量の大小の変化もあり

ちょくちょく社交ダンスを踊っていると
失敗します。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも 

状況やタイミングによって
失敗することは発生します。

 

過ぎ去った失敗やミスを
とても強く後悔したり、

 ついつい、というか
”うっかり完璧を目指している自分”に
気づけず、物事をつまらなくしてしまうことには
注意しましょう。

✔小さなミスや失敗が気になったり

✔小さなミスや失敗を心配して
 行動動作という動きが遅くなったり

 楽しさが減らないようにしたいですね。

 

思っている以上の慎重さは必要だけど完璧を目指さない

・うっかり完璧を目指していたり

・うっかり完璧が当然だと思っていたりすると

 せっかくの社交ダンスも楽しくないと
 感じてしまうことが心配です。

 

 相手と踊る社交ダンスだから
相手に優しくないやリードやフォローは
良くないので

✔思っている以上に慎重な踊りは必要です

だけど

・完璧を目指して
・失敗を全否定して
・すぐに磨きを掛けることだけに
 気持ちを向けすぎず

失敗は、学びのチャンスとして
まるで、
階段の踊り場的な感じで
・現状の分析の時間
・現状維持でしばらく躍り込む
というきっかけにすると良いと思います。

 

失敗したり、ミスすることで

問題改善点が明確になり

上達、改善する”きっかけ”になるからです。

 

失敗は将来失敗した時の対応力を磨いていること

失敗するたびに、今後の失敗の際の
とっさの対応力を磨くことの積み重ねになります。

これは社交ダンスでは
特に重要なことだと思いますが、

✔失敗するたびに
 とっさの対応の直感力が
 鍛えられていくと思います。

 

■男性の場合

「あれ?自分がリードしたつもりの
  ステップじゃなない!!失敗した!」
 *すぐ修正した踊りに対応

■女性の場合

「何を踊れば良いのかな??
 わからない、これかな・・・
 あっ、そっちのステップね」
 *すぐに踊りを修正

 

社交ダンスでは

とっさの場面の対応の直感力が
試される機会は、ちょくちょくあります。

・リードの勘違い
・他のカップルの存在
・相手の経験が予想と違った

など。。。

 

イメージ(やろとしていたステップ)と
 違ったことで

 失敗といえば失敗ですが

☑その失敗の経験の都度
 今後の失敗時の
 ・緊急対応
 ・直感対応の力を
 毎回磨いていることになります。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

 相手や自分の言葉や行動(踊り)に対して

☑ 自分が”うっかり”完璧を
 目指していないか

失敗やミスが発生したときに
思い出せたら

気持ち(頭)が軽くなると思います。

 

今日は、

◆うっかり完璧を目指していませんか?

◆失敗は、将来の失敗時の
 瞬間的な対応力を磨いていることと同じ

 

という話でした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました