「おもてなし」より「思いやり」

思いやり優しさが大事な時期 ヒロス流考え方

意識と気持ちが先

「どんなおもてなしをしよう。。。」

「こういうとき、どうするんだっけ??」

日常生活で、”おもてなし”の行動や声がけを

マニュアル化、ルール化しようとしてませんか?

 

社交ダンスの
リード(男性の動き)
フォロー(女性の動き)の動きを

マニュアル化、ルール化しようとしてませんか?

 

「このステップのときは、こうやる」

混んでいても、人がいても

「このステップの次は、あのステップ」

って決めてませんか?

 

ルール化した”おもてなし”の危険さ

■日常生活の”おもてなし”

■社交ダンスの”リード&フォロー”

これらのことを
マニュアル化・ルール化
覚えて実行すればいいのでしょうか?

きっと良くないと思います。

相手を想う気持ちが無くてもやれる
ようになってしまうことが
寂しいことだと思います。

 

・気持ちがない ”おもてなし” 行為
・心がない ”おもてなし” 行為

は、ああり良くないと思います。

 

思いやりや親切さが先

気持ちや思い、心がない

”おもてなし” を受けても
自然と気分が良くないと思います。

 

✔人は言葉や仕草以外でも
  コミュニケーションとっている

 

ある程度のおもてなしをするための
マニュアルやルールを覚えておくことは
もちろん大事です。

 

 それ以上に大事なことは、

✔相手に対する親切さが良い行為(おもてなし)に
 つながると思います。

✔相手に優しい気持ちでいれば
 言葉も行為も 最高の”おもてなし”行為につながる

 

そう思っています。

 

社交ダンスのリードやフォローが
まだ、上手に踊れないとしても、

相手に興味と関心をもっていれば

 上手なリード・フォローが
 自然にできると思います。

 

相手に優しく丁寧さを持っていれば

日常生活でも、
このときどうするの?

ということを気にするより

相手を思った声がけや行為が
できると思います。

 

まとめ

おもてなし = 行為(言葉や動作)

よりも

思いやり = 行為の前の気持ち(心)

つまり

✔思いやりや相手に優しければ

 その次の行動として
  親切さやおもてなしに
つながった言葉と動作になると思います

 

 不安でストレスの蓄積
 運動不足の中だからこそ、

 思いやり、やさしさの価値が

 高まってきていると思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました