社交ダンスのレッスンの価値

社交ダンスのレッスンの価値 ヒロスダンススタジオ

社交ダンスのレッスンの3つの価値

今日は、3つお伝えします。
◆社交ダンスのレッスンの価値

1.踊りの改善、上達ポイントを
  感覚ではなく言葉で理解できる

 

2.少しずつ着実に上達できるように
  アドバイスをもらえる今の実力でちょっと頑張れば
  できる内容のアドバイスをもらえる

 

3.新しい知識が学べる

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

自分の知識と経験をもとに
一所懸命考えれば答えに近づく
という遠回り。

 

それより
レッスンや読書などの
自分以外の知識を大量に増やしながら
考えたりやってみることが
とても大事です。

 

自分の知識、経験が
あまりにも少なすぎる。。。

ということに
気づくこと

レッスンや読書などの
学習効果が高まると思います。

 

社交ダンスレッスンの価値 言語化

基礎基本の言葉と理屈の延長線で
説明してもらうことが言語化での
説明には大事だと思っています。

 

お客様(生徒さん)の
動作や感覚を
様々な言葉で先生から
説明してもらうことで

「あ〜そういう感じ」

というまずは、共感共有
できることが大事です。

 

わかってもらえた
そうそう、そういうことt

という共通感覚をつくってから

納得できて、信じることで
レッスンや練習に
効果的に取り組めるようになると思います。

 

社交ダンスのレッスンの価値 適切な教育

上達へ向かう階段の
3段飛ばし、5段飛ばしをさせない。

ちょっと頑張ればできる内容を
しっかりとお客様(生徒さん)
一人ひとりのレベルにあわせて
教えてもらえることが大事です。

 

こうやれば、いい。

というのはあまりにも
乱暴です。

 

現状のレベルと力量を
時間をかけて理解してもらって
それから

ちょっとだけ難しい
ちょっとは頑張ればきっとできる

というアドバイスをもらえることが
社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

大事なことです。

 

特に日常生活やビジネスの
場面では

このことができていない
年長者や上司が多いですね。

注意してもらいたいことです。

 

社交ダンスのレッスンの価値 知識が増える

見た目から想像できる
筋肉の動きや感覚的なことと

実際に、上手に踊っている人

とは、違うことが思っている以上に多いということです。

 

例えば、

膝をしっかり曲げているな〜

だから、自分も膝を曲げよう

と思って、練習しても
多くの場面で間違っています。

なぜならば、

上手な人は
膝よりも、足首や
股関節の曲がりを
意識していることのほうが多いからです。

 

例えば、チャチャチャ
いつもよりちょっと速いテンポで
練習すれば、もっと早く
動けるようになると思って
ムリしてテンポの速い曲で
練習してだめで、

 

むしろ逆、

 

いつもよりかなり遅いテンポで
曲を流して

練習することで

動きやアクションやカウントを
正しく理解して
たっぷり技術をみにつけることで

通常のテンポでも
慌ただしく踊ることなく

上手に踊れるようになります。

 

社交ダンスのレッスンでは
正しい練習方法
正しいテクニックの

知識を増やせることがメリットだと思います。

 

 

今日は、社交ダンスのレッスンの価値

についての話しでした。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました