良い説明は答えをイメージしてもらうこと

上手なレッスン指導方法 ヒロスのビジネスサロン

【わかった!】を想像してもらうこと

理想のレッスンの流れは
私たち先生の説明の”途中で”

「あっ、わかった!」

って、
・お客様(生徒さん)が自ら想像できる
・自ら答えを想像してもらえる

そのような説明の流れをつくること
上手な説明のコツだと思います。

 

まずは、

1.私たち先生の方が
  お手本の動作を
  ☑見せる

そのあと

2.生徒さん(お客様)が
  先生の動きを
  ☑視る

 

3.先生による説明と見本
  生徒さん(お客様)の
  解釈を視ることによる
  ☑想像

  そういうことか! 
  あっ、わかった!

 

4.生徒さん(お客様)が
  想像の範囲で理解した部分を
  先生が
  ☑生徒さん(お客様)の
   想像や解釈した部分を
   明確に解説、見せる!

 

という流れが

レッスンの理想の流れだと思っています。

 

わかってもらう=答えを言う前に想像してもらうこと

上手にできない。。。

ここがちょくちょくトラブル

 

そんなマイナス的な現状を
論理的にその原因を先ずは
理解してもらうことが大事です。

 

その後、

ついつい、完全な回答、解決策を
伝えてしまいがちです。

☑さくっと解決策、対策を
 知ってしまうと、
 短時間で忘れてしまう場合が多い

ということです。

 

だから、

 答え、解決策、対策を
自ら想像したり、イメージしたりする
少しの時間、
想像する時間 を
少しでも過ごすことで

その後の

答え、解決策、対策を
知ることで

しっかりとした理解に
つながると思います。

 

そのために

説明、解説するときには、

生徒さん(お客様)
部下や仲間が

自ら答え、解決策、対策を
想像できるようなポイントを
通過できるような

シナリオ、ストーリーを作って
解説、説明、レッスンを
進めていけるとすごく良いと思います。

 

 ちょっとむずかしい話担ってしまいましたが
もう一度、まとめますと、、、

 

1.先生、上司が「見せる」

2.生徒さん(お客様)、部下が
  見せられたことの中身を「視る」

3.答え、解決策、対策を
  想像してもらう

4.再度、説明、解説をして
  想像と「一致した!」

  という流れを作れると良いと思います。

 

メンターヒロスの

ヒロスのビジネスサロンの話でした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました