社交ダンス(対面ビジネス)の将来性と価値向上

社交ダンスの将来性 ヒロスのビジネスサロン

今日のブログは、

仕事で慣れてきたオンライン化。
その流れは、日常生活にもどんどん普及していきます。

その時、
人と人の大切な交流の場を作る社交ダンスは
とても魅力的なものになると思います。

AI+オンライン化とそれ以外

少し前は、
✔AIで実現できないこと

が将来性ある事柄だといわれていました。

コロナ危機後は、AI化できないことに加えて

✔オンライン化できないこと
✔対面式ではできないこと

の仕事や趣味などの価値の向上と将来性を感じます。

AI化も難しく
オンライン化も難しく
対面式が必要となる社交ダンス

AI化、オンライン化が進み、
冷たく、人間味が少なくなっていく将来の社会において

2人で手を組み、踊る社交ダンスは、

いままで以上に
✔人生を豊かにして
✔心の健康維持にとてもよい効果がでる
趣味として世間に認められると思います。

 

新型コロナが対面を激減させた

ビデオ会議(顔・音声・画面共有)、テレワーク
チャット、データのクラウド管理
紙ベースからデータでの引き渡し

そんなビジネススタイルに
徐々になれてきた頃だと思います。

✔対面しないでも仕事進む
✔紙がなくても仕事が進む

ということが事実としてわかってきたと思います。

今回のビジネススタイルの変化は、
ほぼ一斉にみんないっしょのタイミングで
移行したため、

ITが苦手でもすぐに集団に追いつけたと思います。
先行している人が自慢げにトップスピードで
動かず、教える側になっていたからです。

 

今後の課題は、いくつかあります。

【課題1】
 5月以降に部署異動でスタートする方や
新入社員にテレワークを丁寧に教えられるでしょうか。

 *Youtubeで調べれば素晴らしい動画が
あるので、それで勉強できるといいと思います。

【課題2】
 ビジネスマナーや商談、交渉の
OJTをどうやって教えていくのか
どうやって覚えていけるのでしょうか。

✔自己学習の意欲と意識の差が大きくなりますね。

週一の出勤の喜びも変わる

今は、
・週一の出勤でちょっとホッとしたり
・根回しや感情を伴った説明と相談

の機会として利用されると思いますが、
そのうち、

✔週一出勤必要?という方が増えると思います。

もっと突っ込んでいうと
根回し、感情共有による説明が、メールやオンラインでは
伝えることが難しいので、

◆論理的説明だけしか通じなくなる
◆言葉の力、文章力(国語力)が大事になってくる

と思います。

完全オンライン化

全部の仕事が、オンライン化できるわけではない
のですが、

オンライン化できるかな?って感じる仕事は、
全て、完全オンライン化を目指して仕事やり方を
変えていくことが大事だと思います。

 

対面型の体験「仕事・趣味」が求められる時代

AI化、オンライン化で

直接人に会わない
人と触れ合わない 

の時間が増えてくると思います。

これが、ストレスと不安など
メンタル疾患の増加、人間力の衰退になると思います。

 

◆昔から人間は一人では生きられないと言われます。

◆会話の時、言葉以外 
つまり非言語の部分(見た目や会話のときの空気感)が
60%とか90%とかとも言われています。

 

このコロナ危機がおちついて、

オンライン化が進み

AIももっと身近になってきた時、

✔人と人と直接の社交の場

✔一人でできない体験

の価値がぐっと上がってくるはずです。

 

今は、非常に苦しい社交ダンスですが、

AI,オンライン化の流れで疲れた人を

明るく、元気にする趣味として
人気が出るといいと思います。

 

社交ダンスって言葉も、イメージも湧くけ
自分が実際に踊るとなるとすごく距離があるという方が
多いと思います。

だから、

社交ダンサーは、多くの方に
社交ダンスの魅力をもっともっと
アウトプットしてもらいたいとも思います。

 

ゼロにならない、インフルエンザや
この新型の感染症の

予防ルールが決まって、

安心、安全な事実と手順ができたら、
すぐに社交ダンスを踊りましょう。

多くの方も誘いながら。。。

 

今日は、社交ダンスの将来性についての

話でした。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました