「相手の可能性」「できそうなこと」を伝える

社交ダンスのレッスン 可能性を理解させる ダンス教室

「踊れそう」「できそうだよ」を理解してもらう努力

レッスンが始まったら

アドバイスをしています。

◆できる可能性の踊り

◆やれそう、修正できそうなこと

をみつけて、
レッスン(アドバイス)しています。

 

ヒロスダンススタジオでは
覚えてもらうという
”負担と大変さ” より

挑戦してもらう気持ちに
なってもらえるように
内容を工夫しています。

 

つまり

この内容だったら踊りを修正できるかな?

この内容だったらできるかな?

って一緒に感じてもらい
挑戦の気持ちになってもらえることを
目標にしています。

 

お客様(生徒さん)に
「できそう」
「挑戦してみよう」
と理解していただくことを
重要視しています。

 

 

私たちの提案を信じてもらえるようにする

教える、覚えてもらう、アドバイスをする

という、テクニックの内容より

 

私たちの言葉を信じてもらえること

 

が、まずは、優先だと思っています。

 

レベルや目的までの途中においては

誤解や、不審 を 感じることも
多く発生するのは、

教育でも社交ダンスでもビジネスでも
同じです。

 

このときは、
この言葉が適切だとおもう。。。

ホントは、こう伝えたいけど。。。

もっと先の方がいいな~

 

ということが、レッスンをしている
私たちにとっては難しいです。

 

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

できそうなこと
やれそうなことを
適切にみつけることが大事です。

 

そして

習う側と教える側が

・できる可能性
・やれるだろうという
内容をお互いに
理解しあえると
良いと思います。

 

◆教える側の伝え方と
◆信頼を得ること

で、お客様(生徒さん)の
理解も深まってくれると思うので

私たち(ヒロスとミスズ)は
これからもレッスン内容の改善に
努力していきます。

 

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました