社交ダンス教室のストーリー(物語) 

ひろすダンススタジオ ひろすダンス 画像 スタッフ日記

ひろすダンススタジオ ひろすダンス 画像

おはようございます。
ここ清水に限らず、湿度の高い夏ですね。

 

今日のブログは、ヒロスダンススタジオの歴史に
ついて話そうと思います。

 

ヒロスダンススタジオの過去

 

Q&A 形式で進めてみます。

 

Q. ヒロスダンススタジオっていつからやっていたの?

A. 2004年4月1日からです。
  初めの頃は、床を作り込むために
  ワックス掛けを頻繁にやっていました。
  3年ぐらい掛けて、
  一斗缶の半分ぐらいは、使ったと思います。

 

 

 

Q. ヒロスとミスズはダンスで知り合ったの?

A. 一緒に務めていたときの
  職場(ロック・フィールド)です。
  出会った時にヒロスだけは、
   4箇所で社交ダンスをやっていました。

 ■社会保険センター
   (初級から始まり中級まで)

 ■社会保険センターの先生の教室
   (団体レッスン)

 ■地域のアマチュア
  社交ダンスサークル
  (90%シャドーしてました)

 ■社交ダンス教室
  (メダルテスト)

 

  社交ダンスを初めた初め3年ぐらいは、
  ヒロスは、会社務めしながら
  月に23~25日程度踊っていました。
   レッスンもシャドーも含めて

  そのうちミスズも社交ダンスを
  初めてくれました。

 

 

Q. プロ試験って大変でしたか?

A. 大変でした。
  非常にありがたい状況の中、
  丁寧で論理的に
  教えてくれた先生のおかけです。
  当時は、
  JBDF(日本ボールルームダンス連盟)の
  試験が、年に2回開催されており
  私たちは名古屋で試験を受けました。

 【試験項目は】
 ・10種目の男性、女性それぞれシャドーで踊る試験
 ・一般常識と踊り(ステップ、用語など)の筆記試験
 ・実際に組んで踊る試験
 ・面接

  ※今の試験資格の状況はこちらにリンクを貼っておきます。

 

 試験前の6ヶ月は、
当時のアパートのリビングで
夜2:30頃まで練習や勉強したり、
朝5:30頃起きたりしてました。

 

 自分たちのプロ試験で優位だったことは
カップルで試験勉強していたので、
男性女性を入替えたり、教え合ったりできたことですね。

 

ストーリーは、まだ聞いていただきたいですが、
まずは、今回ここまで。

また、レッスンのときなど
気になることがありましたら質問してくださいね。

 

私たちの
生活に社交ダンスが入ってきたことで
生活(人生)は良いように大きく変化しました。

 

社交ダンスは、特に男女で組んで踊るので、
社交ダンスの練習から競技会(試合)を
通じて、カップル(今では、夫婦)のコツ
夢や目標を誰かと共有する重要性を今でも学んでいます。

 

 ヒロスダンススタジオでは、
社交ダンスが広く普及し、
日々の暮らしの中で社交ダンスが
当たり前の趣味・運動になる方を
増やしていきたいと思います。

 

ヒロスダンススタジオでは、
お客様様に対して、
体力・目的に対して適切なレッスン
提供していきます。

 

社交ダンスは、技術だけでなく、
人と組んで踊ることで
人間関係のコツを学び、
音楽とダンスで
ストレス発散と気分転換をして、

 

☑常に自分が機嫌よくいられるように

☑笑顔を意識した生活をして

☑いい人生を過ごせるように

 

 

社交ダンスを利用していただけたら
いいと思います。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

ツイッターでも
 社交ダンスの魅力などについて
つぶやいていますので、

よかったらツイッターをご覧いただき
フォローもよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

スタッフ日記
スポンサーリンク
ヒロスをフォローする
ヒロスダンススタジオ

コメント

タイトルとURLをコピーしました