ルール手順を決めて社交ダンス再開したい

社交ダンス 再開したい静岡市清水区 スタッフ日記

営業自粛を言い訳にしていた

ついつい自分たちの社交ダンスの練習も
激減していました。

臨時休業と営業自粛と関係なかったです。

単純に、サボっていたという状態でした。

 

コロナ危機、感染拡大防止がの要請により、
社交ダンス教室が影響をうけている。

だから
自分たちの気持ちが暗くなっていたことで
ついついスタジオに入っていませんでした。

 

でも、昨夜、気持ちが復活しました。

 

私たちの場合は、
そもそも夫婦で一緒に住んでいるのだから、
私たちは、マスクも不要、普通に練習OK。

 

さすがに、帰宅してそのままの状態で
踊るには、抵抗ありますが、

手洗いなどしてからなら、
心配ゼロで踊れます。

新型コロナを忘れて踊った

 【人に感染させいないか】という不安を、
全く気にしないで
踊ったのは、ホント久しぶりでした。

 

 気持ちが晴れました。

社交ダンスの楽しみを共有したい

早くみんなで、社交ダンスを踊った後の
スッキリして、少しテンションがあがった気持を
共有したいです。

社交ダンスを一緒に楽しみたいです。

 

ルール追加が決まれば再開

先日のブログ(こちらの記事)でも書きましたが、

コロナ危機が少し落ち着いてきたら、

社交ダンスを踊る前にルールを1,2個追加するだけで
大丈夫だと思います。

おそらく、踊る前の手の消毒などですね。

 

ルールや、気にすることが多いことは、
コロナ騒ぎの前と一緒です。

 

社交ダンスを踊っている時って、
あれこれ気にしていましたよね?
それと同じです。

 

LODや、ステップ、ルーティン
姿勢や、視線、ボディーのトーン
ストレッチ感、フットワーク
清潔感ある服装など。

 

今までも多くのルールと気になる点を
抱えながら社交ダンスと接していました。

 

今後は、それに、1つ、2つ、
ルールや気にすることが加わるだけ。

 

おそらく、社交ダンサーなら、
1つ、2つ、手順やルール、気になる点が
追加されても平気なはずです。

 

 重要なことは、

みんなが、安心できる
踊る前のルールや手順を早く決めることです。

 

ヒロスダンススタジオでも

お客様が安心、安全なルールを作って、
お客様に承認していただき、
社交ダンスを再開したいと思っています。

 

自動車の運転も危険
キャンプで火をおこすのも危険
外での切り傷(破傷風)も危険
実験で薬品を混ぜることも危険
仕事の作業も危険
熱中症も危険
誤飲も危険

 

今は、新型コロナのリスクだけが
『報道されているから』
それ以外の危険を見落としがちです。

 

統計や実績、身の回りの事実として

新型コロナで死ぬことよりも
それ以外で死ぬこと確率の高さを冷静に知ることで、
新型コロナ以外にも
真剣に予防と対策が必要です。

 

新型コロナばかりに
気を取られないように気をつけましょう。

 

新型コロナよりも多いのは

がん、自殺、不慮の事故、

脳血管疾患、心疾患

これらのどれが
一番の原因かは、今の自分の年齢の段階で違います。
新型コロナではないことは、確実です。

 

ヒロス流考え方としては、

新型コロナも、インフルエンザや
普通のコロナ(普通の風邪など)も

同じように気をつけて、

好きな社交ダンスで

運動と気分転換することが
とても大事だと思います。

 

仕事が大事で、
社交ダンスが大事じゃないとか

これが大事で
あれが大事ではいとか

 人それぞれです。

自分で考えて決めて、実行して
良い人生、幸せな人生のために、
日々過ごせるといいと思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました

P.S. 2020年5月14日
  スタジオ再開を告知しました。
  記事はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました