どんな質問も役に立つ問いを立てることが重要

社交ダンス団体レッスンでも質問をして スタッフ日記

自分が変だと思ってもいい質問です

変な質問かな?
自分だけ質問していいのかな?

そんな心配せず、どんどん質問してください。

もし質問しずらかったら
「変な質問かもしれないけど。。。」
とか
質問内容が上手に伝えられそうになかったら
「変わった質問かもしれないけど。。。」

そんな一言を先に声に出すと質問しやすくなると思います。

 

社交ダンスのレッスンでは
・説明を聞くこと
・見ること

という受け身になってしまう場面が多いです。

だから

・質問したり
・問いを立てる

ことは大変だと思います。

特にグループレッスンでは
「自分の質問は変じゃかな?」
「自分だけわからないかのも」
「みんなができていること聞いたら悪いかな?」

そんな風に周りの目を気にしながら
質問することを遠慮してしまうことも
あるように思います。

レッスン中はどんどん質問どんどん中断でいい

ヒロスダンススタジオの
社交ダンスレッスンでは

個人レッスンでも、グループレッスンでも
解説や説明をしているときでも

✅どんどん質問してください

 

特に、グループレッスンでの質問は
周りの方にとっても良い質問の場合が多いです。

他の人も気になっている部分の場合も多いです。

誰かが質問してその説明を聞いていれば
踊れている人も
分かっている人も
再確認、復習につながったり
そうだったんだ!という新たな発見につながります。

カップルレッスン、グループレッスンで
質問するとき、

◆みんなが思っている問い、質問を
 自分が代弁して発言している

そう思うことも良いと考えています。

 

✔問いを立てること

 それだけでも大変です。

その次に

タイミングを見計らったりして
✔声に出して質問することも大変です。

レッスンしている私たちにとっても
質問していただくことは
勉強になることもとても多いです。

教わる側
教える側

それぞれにとって
問いを立てること
質問すること
は、その先の未来にとってとても良いことです。

 

次回のレッスンや練習で、
問いを立てることと質問することを
積極的に行ってみてください。

日常生活でも
ビジネスでも
聞く時間、理解する時間、やってみる時間

だけでなく

問いを立てること
質問すること

でお互いの理解度の確認と情報共有ができて
良いコミュニケーションのきっかけになると思います。

 

質問された側は、
その答え方、答える姿勢が
その人の人柄がちょくちょく現れるので気をつけたいところだと思います。

私たちも、教え方、答え方を
丁寧で面白く、優しく伝えられるように努力していきます。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました