機嫌よく会話するためのコツ

ヒロス流 カップルのコツ 会話 カップルのコツ

思考の違い(クセ)を承認し合う

今回のブログは分かりやすくするために

男性の思考、女性の思考という表現をします。

 

全ての男性に当てはまること
全ての女性に当てはまること

という内容ではありません。

 

人によって思考が違うよっていう話を
男女と表現して書かせていただきます。

 

*今は男性女性の性差だけないですし
 SDGsの目標5: ジェンダー平等を実現しよう
も忘れておりません。

ジェンダー:社会的・文化的に形成された性差
*男女を書くだけで批判する方もいるので。。。

 

これから話す中に、

■これは男性じゃなくて、
 女性の私が当てはまるとか

■こちらの考えは男性の考えでしょう~

ということがあるかもしれません。

 

今回のブログで伝えたいことは

人によって思考の違い(クセ)がある

このことをお互いに知ることによって

より楽しく日常生活が送れて
ついでに、社交ダンスも楽しく気分良く
踊れるという提案をしたいと思います。

 

思考の違いを気遣う

社交ダンスは主に男女で踊ります。

”主に”と書いた理由は
今は、女性同士、男性同士のカップルでの
社交ダンスの動画も目にするようになったからです。

 

社交ダンス練習の時
特に競技会などに出場している
カップの場合は特に、、、

2人の考え方が違う状況がうまれます。

 

優先順位の違い
どちらが”正しいのか?”
という意見のぶつかり合いです。

✔どちらが正しいのか
 という議論は
 特に避けましょう。
  →すごくモメるからです。

✔お互いの意見を承認し合いましょう
 意見が違っても、
 言っていることが分かればいいのです。
  「そうだよね。それ、わかるよ~」を
まずは、口に出しましょう。

 

気持ちよく踊ることが大事

男性の思考のクセ(傾向)として

■理屈っぽい、理論が多い
■技術(テクニック)
■理想や過去や他人と
 比べたがる

 

女性の思考のクセ(傾向)として

■感覚的、直感的
■イメージ優先
■比べることを嫌がる

などがあると思います。

二人以上だと
思考のクセ(傾向)の違いが
必ずどこかに発生します。

だから、

練習するとき
踊りに行ったとき

✔お互いに気遣いが大事です

✔思考のクセは、自分にも
 相手にもあることを知りましょう

 

◆たくさん話すこと
◆たくさん意見を出すことで
 社交ダンスが上達して、
 楽しめるようになります。

その時、

✔機嫌よく会話すること

✔喧嘩にならないことが

が大事です。

 

社交ダンス以外の時間でも気遣い

練習の日時を決めるにしても
練習やレッスン場所に向かう道中も

お互いが機嫌よくいることが
大事です。

 

社交ダンス以外の日常の時間も
「お互いを気遣う」という習慣(意識)を
身につけるといいと思います。

 

社交ダンスの時だけではなく

写真ダンス以外の一緒に過ごす時間を
大事にしましょう。

お互いに「意見を承認し合う」ことで

社交ダンス踊るときに、たくさん意見、考えを
”平和的に” ”穏やかに”
話し合えるようになると思います。

 

社交ダンサーは笑顔と紳士淑女を目指す

社交ダンスを踊る時、もっと楽しめるように
相手と過ごす社交ダンス以外の時間も

親切、丁寧、優しく会話するように心掛けましょう。

 

今日は、久しぶりに

ヒロス流カップルのコツ の

記事でした。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

身近な人ほど、気を遣い、会話を大事にしましょうね。

✔仲が良いから会話する 

✔仲良くなるために会話する

ヒロス流考え方でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました