リードとフォロー 協調と同調

カップルのコツ リードフォロー協調同調 カップルのコツ

社交ダンスで学べる人間関係のコツ

男性のリードと女性のフォロー

男女2人で踊る社交ダンスでは

男性がリーダー
女性がパートナーって呼ばれています。

「男性がリードして」

「女性のフォローもしっかり」

そんな会話が社交ダンスで
交わされます。

 

社交ダンスの場合は、男性のリード
という言いますが、

どの程度リードすればいいのか?

・ヒロス流社交ダンスのコツとしては

 男性のリードは

✔次のステップに移り始めてから
  終わりまでの初めの20%程度

だと思っています。

 

例えば、ルンバのアレマーナ

ファンポジションからの
女性の3歩目の手前から
女性の左足が出るところまで

がリードの場所だと思います。

 

つまり、アレマーナで女性が
回転しているその間も
男性の左手がリードし続けると
女性が踊りにくくなります。

女性が回転しづらいくなるからです。

ホッキースティックの
女性の回転部分も同じです。

 

 次のステップがどのステップなのか
伝えるところまでが大事なリード

ステップがわかったら
女性は女性のタイミングで
「シュッ!」って回転してくれます。

回転中のリードは不要ということです。

 

リードは、導入部分始まりの20%まで

このことは、社交ダンスでも
日常生活でも、ビジネスでも
当てはまることが多いと思います。

 次のステップや
 次の方向性
 次に進むことを
リードで伝えることが
リーダーとしての役割だと思います。

女性のフォローも大事

男性のリードを推測し

判断できたらステップする。

リードをどのように感じるのかが
大事です。

 

・男性との手・腕の動き
・男性の体重移動
・身体、顔の表情

からリードを感じて
ステップしています。

 

フォローの難しさは

リードの加減に合わせること

男性のリードで

✔次のステップがわかることだではない

ということです。

リード感じる強さ、大きさ
弱さ、スピードとゆっくりさ

ということも

フォローするときに感じることが
大事です。

 

 フローは大変ですね。。。

社交ダンスだけでなく
日常生活でも
 ビジネスでも

この”フォローする” 感覚は、

十分に活かせます!!

 

協調と同調のバランスも大事

リードとフォローは

男性と女性と別々の感覚ですが

社交ダンスで大事なことに

協調と調和があります。

✔踊りだけでなく練習計画でも大事

【協調】

相手の考えと自分の考えが違ったとき
お互いに歩み寄って一つの考えにまとめることです。

 

【調和】

相手の踊り、相手の考えに

自分の踊り、自分の考えを合わせることです。

 

まとめ

社交ダンスは、ばんばん踊ることで

ある程度は上手に踊れるようになりますが

リードとフォロー

協調と同調

ということを「考えて」「意識して」

踊ることで、より上達できると思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました