ヒロス流カップルのコツ:上手な練習の進め方

静岡市清水区会話術話し方教室 カップルのコツ

いい練習には相手との上手な会話が大事

社交ダンスでも
日常生活でも
ビジネスでも

改善や上達するためには
練習が大事です。

練習するためには
会話が大事です。

 

社交ダンスのカップルは
一対一であり
会話の状態としては
最小人数での会話環境です。

多数、複数の方との
上手な会話の前に、
まずは、
2人の会話が上手に
できていることが大事だと思います。

 

上手な会話の基礎は
・安心して聞ける
・安心して話せる

この2つです。
それが
上達や改善、新たな挑戦に
つながります。

 

上手な練習は上手な会話から

上手な練習とは、
いろいろと試せること

だと思います。

 

そのためには、

◆安心して話ができること

◆相手の話を最後まで聞けること

がスタート地点です。

 

その次に

◆聞き方

◆話し方

※ヒロス流会話術の記事はこちら

聞き方、話し方を学びながら
会話術をみんなでアップして
安心して話せる集団が増えると良いと思います。

 

会話術のテクニックの次は内容に注意

会話術が上手になってきたら
その次は、話の内容です。

内容が先のようにも
感じますが、

もっとも大事なことは
安心して会話ができる
環境です。

 

話の内容について
安心して話せる環境もできて
聞き方も話し方も
上手になってきたら

話す内容についても
意識すると良いと思います。

具体的には、
今の会話、自分の発言でも
相手の発言でも

その発言が

◆意見なのか?
◆経験なのか?
◆感情なのか?
◆価値観なのか?

 

特に、自分の発言は
ある程度、コントロールが
可能だと思います。

 

だから、

発言内容が

◆データと証拠で考えた
 意見なのか

 

◆過去や現在の
 体験による発言なのか

 

◆機嫌や心の状態による
 感情から出た言葉なのか

 

◆データや証拠や
 感情でもなく
 自分の価値観の発言なのか

 

そのことを
自分で分類して理解して
その前提で発言すると
良いと思います。

 

状況によっては、
相手にこの分類を
伝えてから会話することも
必要だと思います。

 

社交ダンスでの
日常生活でも
ビジネスでも

安心して会話できる環境を
つくることで

上達や改善や新しい取り組みに
ノリよく即行で行動できる状態に
なると思います。

 

まずは、カップルなど
一対一という最少人数の会話で
意識してみてください。

 

今日は、ヒロス流 会話術でした。

良い会話術=カップルのコツにも
つながります。

良い会話術=所歌うにも
つながります。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました