社交ダンスのレッスン内容のご紹介

社交ダンスのレッスン内容 お知らせ

ヒロスダンススタジオのTwitterでレッスン内容公開中

ヒロスダンススタジオの
レッスン内容はどんな感じ?

という疑問と不安、興味が
ございましたらご覧ください。

 

ヒロス流社交ダンスのコツをTwitterに
投稿しています。

ただし、投稿の140文字の制限での
表現ですので、
誤解しやすかったり、
わかりにくい部分もございますが
レッスン内容の雰囲気は
感じられると思います。

 

Twitterはこちら

よかったらフォローを
よろしくお願いいたします。

 

このブログ内のTwitterの表示部分のご紹介

Twitterのアカウントを
お持ちでない方もご覧いただけます。

■パソコンの場合は、
 今お読みいただいている
 右側の下の方に進むと表示されております。

■スマホの場合は、
 今見ている画面の右下の
 「サイドバー」の表示をポチッと
 触っていただくと表示される部分の
 下の方に表示されております。

 

Twitterで投稿したワルツのレッスン内容

Twitterに投稿している
ヒロスダンススタジオのワルツのレッスン内容を
一部ご紹介いたします。

*繰り返しになりますが、
Twitterは、140文字の制限があるので
分かりづらい部分もあります。

では、以下10個の投稿を
ご紹介いたします。

=== 以下 Twitterより抜粋 ===

✔ 後退の時の女性。
  ヒップを突き出すみたいな感じで男性の1をやりやすい空間づくりに努めましょうね。

 

✔ ボディのズレは、常に課題ですね。
  相手との接点の5箇所は、
  常に均等に圧力がかかっているようにお互い意識。 

 

✔1の手前、軸足にたっぷりと乗る時間を作って、
 この時間にヒップ、股関節の移動の時間にする。わかりますか?

 

✔ ノーフットライズの部分をしっかりと学んで、
  ノーフットライズで踊るところは、
  しっかりノーフットライズで踊る。 

 

✔  ナチュラルスピーンターン。私も難しいです。
 スウェーを戻す部分はどこかを時々確認しないと。。。

 

✔ 右回転の時は、フロアーの外側、外側に移動していくイメージ、
  リバースターンは、中央中央に移動していくイメージで。

 

✔1で思いっきりスウィングしましょう。
  ラテンの感じのように音に合わせた体重移動ではないです。
  さん~っばーん

 

✔ 基本中の基本。 両足を毎回しっかり揃える。
  小節ごと、『 丁寧に 』踊りましょうね。
    どうでしょうか。 

✔ ボディのサイド、胸の高さの側面を見せて踊る。
  自分の腕で、見えなくしないように、肘を引く感覚を。

 

ワルツの練習方法。
  ナチュラルターン、クローズドチェンジ1回、
  リバースターン、クローズドチェンジ1回を何度も繰り返す。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました