社交ダンス上達のコツ

社交ダンス

リードとフォローには調整がつきもの

社交ダンスの上達はリード・フォロー・調整 2人で踊るからそれぞれの役割である ”リード”と”フォロー”の2つだけの意識になりがちです。 忘れてはいけないことが3つ目の意識の ”調整”意識です。 学んだとおりの リードとフォロ...
ヒロス流考え方

複雑なステップを細かく分けていく力

複雑なステップを優先順位をつけて細かく分ける 社交ダンスの複雑で慣れていないステップも 日常生活や ビジネスでの 複雑で絡み合った流れも細かく分けることが大事です。 複雑なステップも、ごちゃごちゃしたことも まずは、細かく分けて...
ヒロス流考え方

力みと緊張を減らすためには安心感

社交ダンスを楽しく踊るには力を抜くこと 趣味と遊び、健康づくりのための 社交ダンスを楽しむための秘訣は ✅安心感をもって力を抜くこと 楽しく、安心して踊るために テクニックや知識を増やすことばかり 考えていると ...
社交ダンス

なんどでもなんどでも繰り返し

上達の敵は忘却だから何度でも伝えます 社交ダンスの上達の敵は、 こうしたらいい ここを気をつけよう ということを忘れてしまうことです。 だから なんどでも、同じことをアドバスしています。 私たち(ヒロスとミスズ)は 言い方を...
ヒロス流考え方

失敗とぎこちない中での気付きが大切

手数の多さと不慣れで失敗をくり返すこと 失敗を繰り返し、その失敗に気づくことで上達する。 失敗するぐらいのチャレンジ的な行動と 失敗するぐらいのたくさんの行動が 成長と上達のスタートラインです。 そして 大きな失敗の原因だけでな...
ヒロス流考え方

グループレッスンのメリット

一人の話はみんなの話 グループレッスンで 自分以外の人がアドバイスを受けているとき 自分事としてしっかり聞くことが大切です。 カップルレッスンでも同じで パートナーやリーダーが先生から アドバイスを受けているとき 自分事と...
社交ダンス

練習とレッスンの組み合わせ

予習と復習の独学と教わる通学のハイブリッドが必要 自分だけ仲間だけで上達と成長を目指した行動は 大事です。 でも、それだけでは、時間がかかりすぎます。 慌てる急ぐこともないのですが 効率を考えると時々は 通って教えてもらうことで...
社交ダンス

音楽なしの練習とレッスンの大切さ

2人で踊る社交ダンスも一人で踊る練習が大切 上手になりたい ステップの順番を覚えたい そんな時は 一人で踊って練習する シャドー練習も大切です。 正しいフットワークや顔の向き シューズの向け方やand(と)カウントも 音楽な...
ヒロス流考え方

問題解決は常に2つの仮説で進めること

2人で踊る社交ダンスは2つの視点で考える 上手に踊れないステップや タイミング合わないステップを解決する方法は 男性目線 女性目線 の2つの視点で問題解決に 取り組むことが大切です。 リードの問題だと 初めから決めつけること...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツ タンゴウォークとリンク

ヒロス流社交ダンス上達のコツ タンゴの前進ウォークのコツは 1.膝から下の部分で踊る 2.膝が伸びた時にシューズが床に着く ということです。 誤解される危険はありますが 分かりやすく伝えるとすると ワルツやスローフォックストロ...
ヒロス流考え方

問いと仮説と答えのくり返しが大事

問いと答えの繰り返しが上達と成長のコツ 社交ダンスの上達と成長も レッスンを受けて聞いているだけでは もったいないです。 問いを先生や仲間に声をだして伝えましょう。 相手が”自動的”に話してくれた アドバイスを聞いてやってみるこ...
社交ダンス

趣味と遊びの社交ダンスは気持ちよく踊る

気持ちいい踊りを目指すと上手くなる 社交ダンスの知識を増やして 上手に、美しく踊れることを目標にする方も多いと思います。 上手くなりたい キレイにおどりたい 楽に踊りたい その目標達成までの過程においては ・自分が気持ちよく踊...
ヒロス流考え方

「理解と納得と出来る」は遅効性

行動量の積み重ねには時間がかかる 2人で踊る社交ダンスを覚えるには 時間がかかります。 レッスンや仲間からの説明の 意味が分かることも できるようになることも 時間が経ってからになります。 特に 身体を動かして、しかも相手と...
メンター

感情優位にならない意識づくり

不安心配の感情が意識より大きくならないこと 社交ダンスのとき 他のカップルとぶつかったり ステップがわからなくなったり ステップを間違ったり することで 一瞬で ✔考えることよりも感情で  頭がいっぱいになって...
ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツはわかること

話の内容がわかることがスタートライン 相手の話の内容がわかることが大事です。 合意することでもなく できることでもなく 賛同することでもなく まずは、分かることが大事だと思います。 スタートラインの”分かること”には前提がありま...
ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツは接続語の使い方にあり

上達するためには考える力が必要です こうしてみて こうやってみて こうやってみよう というやり方だけを手数多く試しても なかなか上達しません。 なぜならば その踊り、その動き、その行動の ちょっと手前の部分の原理原則を意識し...
社交ダンス

驚くほど単調な練習が上達のコツ

熱心な中級上級の社交ダンサーが上達するコツ 社交ダンスの中級や上級になると 多くのステップが踊れると思います。 だから 質と精度を上げることが 現状の踊りを向上させる方法になります。 そのためには 基礎の動きを自分でも驚く...
社交ダンス

練習方法や踊りの工夫と改良点の見つけ方

偶然の発見やレッスンでのアドバイスだけに頼らない方法 社交ダンスの踊りも 日常生活でもビジネスでも 普段のやり方をちょっと変えることが 好きです。 ともかく変化。 もちろん変えないことが楽で安心ですが ちょっと変えた時の新鮮さ...
社交ダンス

触れるだけでなく感じること

男性はコンタクトを通じて女性の体重移動を感じること 今回は、男性のコンタクトにおける感じ方の話です。 ラテンダンスの場合は 手、腕だけで女性に触れている場面が多いです。 触れている、触っている、という表面的な部分を通じて ただ触っ...
社交ダンス

2人で組む社交ダンスだからこそ身につくこと

自分の役割とカップルとしての役割 2人で踊る社交ダンスだから 自分自身がやるべきことと カップルとしやるべきこと の2つの役割があります。 男性のリードで踊る女性自身にも役割がある 立ち方や視線、フリーアームの使い方は 女...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました