会話のコツ

メンター

自分が気にしていなくても相手は気にしているかも

社交ダンスでも、日常生活でも、ビジネスでも、気にする点が人それぞれ違うという前提で 過ごすことが ✔相手への気遣いとして大事だと思います。相手が気にする点が違うかも お互いにそんな観点を持って 身近な人と接することが 機嫌よく過ごせて 良い人間関係につながるといいと思います。
ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツ 礼節を大切にする

自分も周りもパフォーマンスを上げるために礼節は大事という話を書きました。 礼節をもった言動がもたらすメリット。 礼節をもった言動が大事な理由を書きました。 社交ダンスの上達にも役立ちます。 社交ダンスだけでなく、日常生活、ビジネスでも役立つと思います。
カップルのコツ

リードも会話も相手の受容度合いを理解すること

相手の受容の仕方を理解することが大事。 自信を無くす前に相手の理解。 人好きなって 言葉好きになって コミュニケーション好きになって ☑相手の受け取り方を理解する力 を伸ばしていくことが大事だと思います。 話し方伝え方も大事ですが、 相手の受け取り方を理解する力も 同じように大事です。 静岡市のメンター
カップルのコツ

不満なことを気にする前にまずは感謝すること

相手の不満を言う前に感謝すること。 疲れる生き方の人の思考のクセとは。 感謝すべき点や良い面を見つけることが大事。 心の中でつぶやく言葉が思考のクセにつながるので、ポジティブで楽観的な言葉を使っておくこと。 静岡市清水区のメンターヒロスの考え方でした。
ヒロス流考え方

知識とテクニックを身につける社交ダンス上達法

社交ダンスの覚え方について書きました。 声に出して人に言うという覚え方。 相手に話せば話すほど溝が広がる現象を知っておきましょう。 まずは相手の思いを承認することが大事です。 自分の思いと知識とテクニックを深めるために、教えてもらっている時、相手の言葉をリピートしましょう。 静岡県静岡市清水区の社交ダンス教室
ヒロス流考え方

不安解消の方法 社交ダンスで学ぶ言語化

心(頭の中)の思いを言葉にできないことが原因でストレスや不安が大きくなることがあると思います。 言語化することで解決に少しでも進めると思います。 言語化のトレーニングに社交ダンスが良い。それは、動きや動作など言葉にしづらいことを言葉にする場面が多いから、無意識的に感じていることを言語化する力がつくと思います。
ヒロス流考え方

人とつながっていることがストレスを減らす

社交ダンスから学んだヒロス流考え方の話です。弱みを話せばより具体的助言がもらえると思います。 相手を恐れすぎずに雑談会話をすること。自分が話すことで相手にどう思われているかキにしすぎていませんか? 言葉を選ぶ雑談を減らすことが大事だと思います。そのために、普段の雑談を多めにして上手な人間関係を作っていきましょう。
メンター

コロナ鬱コロナノイローゼ:ヒロス流対処策

暑さのストレスも加わり、コロナによる人の分断が加速しているように感じます。 コロナへの怖さや危険度の感じ方は人それそれ違います。コロナへの知識・価値観・過去の体験の違いが原因だと思います。 社交ダンスでも日常生活でもビジネスでも、議論するときははお互いの知識価値観経験の共有がスタート 正しさよりも承認しあうことが大事
ヒロス流考え方

聞き方上手が上達のコツ

上手な聞き方をすることが上達のコツ!という話を書きました。 メジャー自分で考えてみてから提案と選択肢を出して聞いてみるという順番が大事だと思います。 自分でいくつか考えて相手に選んでもらうという聞き方をすると、相手に負担かけずに色々とアドバイスをもらえるのかなと思います。
カップルのコツ

反対意見に慣れることヒロス流カップルのコツ

社交ダンスでも  日常生活でも   ビジネスの場でも ☑お互いに反対意見を言われることに慣れてもらいたい。 今日は、 反対意見に慣れようという 社交ダンスから学んだ「ヒロス流カップ」の話です。
カップルのコツ

怒らず気持ちを軽くする話し方が大切

身近な人ほど優しい気持ちで接することが大切だと思います。 ちょっとした我慢もできない自分に問題あることが多いです。 自分の機嫌のコントロールをしましょう。 相手の心が軽くなるぐらいの話し方が大事です。 自分の機嫌がいいときには会話力も発想力も想像力も相手の観察力もあがるので、相手に撮って気が利く言動が取れると思います。
スタッフ日記

喜んでもらいたい 社交ダンスレッスン

わからいやすい伝え方で社交ダンスのレッスンが進められるように心がけております。 静岡市清水区の社交ダンス教室 ヒロスダンススタジオを引き続き、よろしくお願い申し上げます。
ヒロス流考え方

相手があってこそ成り立つと

社交ダンスも会話も相手があって成り立つもの。相手がいることに感謝が大事。 相手より自分の言動に気を使い過ぎていることが多くなりがち。 自分と話すことで相手が楽しくなく、機嫌が良くなるようにちょっとだけ相手に気を使うことを意識しましょう。
ヒロス流考え方

共感共有が社交ダンスレッスンのスタート地点

悩み不安など普段言葉にできていないことを◆言葉にして言ってもらう◆言葉にして伝え合う。言葉、言語化することで 1.まずは、知ってもらえる2.悩み不安などを共有できる3.一緒に解決策に取り組める 言葉すること、そして会話することで✔知識の共感共有✔感情の共感共有✔踊りづらいと所の共感共有していきたいとおもみます。
社交ダンス

何度でも丁寧に伝える社交ダンスレッスン

人に伝えることは難しいです。 一度伝えただけ・一度聞いただけではムリな場面が多いです。 相手の会話では35%程度しか共有できない覚悟が必要。 会話には・要素が多い・言葉にできない部分も多いから難しい。だから、 何度でも丁寧に言うこと。 機嫌よくいるためにも上手な会話のテクニックは大事です。
ヒロス流考え方

白黒つけがたいことを考える

新型コロナと季節性インフルエンザの感染者数、死亡者数の違いを比べることは大事だと思います。 自粛休業には収入が大きく減る、経済が不況に向かいという大きなトレードオフが伴う。 巣ごもり生活に伴う健康リスクと、新型コロナのリスクはどちらが大きのでしょうか。
カップルのコツ

機嫌よく会話するためのコツ

ストレスが溜まって、喧嘩やもめ事が増えてきていませんか?今回のブログは、ヒロス流カップルのコツです。 思考の違い(クセ)を承認し合うことが大事です。 思考の違いを気遣うことを意識して過ごしましょう。 コロナ危機が収まった時、社交ダンス以外の時間で仲良くすごしておくと社交ダンス再開時にとても楽しく踊れると思います。
ヒロスダンススタジオ

安心して会話できる 社交ダンスレッスン

社交ダンスのレッスンでは、 お客様と先生とのコミュニケーションが大事  まずは、 ✔お客様が安心して質問できる環境 が大事だと思います。 ヒロスダンススタジオでは、 個人レッスン、グループレッスンに全く関係なく誰でも、どのタイミングでも自分だけが気になることでも、安心して話せる、聞ける、質問できます。
ヒロス流考え方

終わり方は慎重に

社交ダンスの練習の終わりも 別れ際の終わりも 終わり方は思っている以上に大事 という話をしたいと思います。 別れ際での一言、長い話しの最後の話題 旅行先で最後に寄ったお店など 最後の部分は、印象に残ることが多い と思いませ...
ヒロス流考え方

言語化が大事:会話のコツ

コミュニケーションのコツは、動作、感覚、感情を上手に言語化することが大事です。 社交ダンスなどダンスでも、動作、感覚、強弱や、大きい、小さい、速い、遅いということも言語化することは、相手にも伝わり、改善にも大事なことになりますね。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました