人間関係のコツ

ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツは問いを継続すること

改善と上達のために『問い』を終わらせないこと。 うっとうしい質問を言い合える安心感を築く。 『問い』を気軽に相手に言える環境とは。 『問い』をどんどんアウトプットしましょう。 静岡県静岡市清水区 人間関係コツを色々と書いています。 ヒロス流考え方
メンター

欠点や悪いところは指摘せずに上手に教える

社交ダンスでも、日常生活でも、ビジネスでも、相手の気になる点は、自分が得意だったり、できていることが多いです。 そんな相手の気になる点相手の欠点を指摘するのではなく、4つの注意を守って、上手に相手に教えてあげるといいと思います。
メンター

自分が気にしていなくても相手は気にしているかも

社交ダンスでも、日常生活でも、ビジネスでも、気にする点が人それぞれ違うという前提で 過ごすことが ✔相手への気遣いとして大事だと思います。相手が気にする点が違うかも お互いにそんな観点を持って 身近な人と接することが 機嫌よく過ごせて 良い人間関係につながるといいと思います。
メンター

上手な我慢がうまくいくコツ

静岡市清水区のメンターヒロスのヒロス流考え方。 気持ちと希望のまま動くのではなく我慢が大事。 相手のこと6割、自分のこと4割は守る。 初動を早めるために初めから決めておくこと。初めから、相手が6自分が4と決めておく 初めから、優先順位を決めておく そうすることで、 初動が早くなり、 その後の対応もうまくいく。
メンター

考えることは良いが想像することは危険が多い

知識と勝手な想像で不安にならないコツについて書きました。社交ダンスの場面でも、上手く踊れない 上手に相手に伝わらない、相手のリードに上手についていけない。そんなときも、☑たった一歩、たった1つの動作を 「それではこうしよう」 「こうやってみよう」 というように考えて、少しずつ、コツコツ忍耐力をもって踊りを良くしていく
ヒロス流考え方

怒ることなく教えること

社交ダンスのレッスンで学んだ、「伝え方」について ☑怒らず、怒った態度ではなく伝えるテクニックを身につける。 そのためには、☑パートナー、夫婦、家族、親子の関係の中での言動を丁寧に優しくする。 ■ちょっとした我慢と意識のトレーニング ■上手に伝える言い方、態度、タイミングを見る。 という思考のクセがつくと思います。
メンター

CPO最高哲学責任者として振る舞うメリット

静岡市清水区CPO最高哲学責任者ヒロス。 社交ダンスを踊るときでも 日常生活でも ビジネスでも ✔考えること ✔哲学すること をまずは、自ら実践してみて 心が軽くなったり 頭の中で、事実と意見を 分けられるようになったら 自分自身と身近な人のCFO(最高哲学責任者)として 哲学することを実勢していけると良いと思います。
メンター

社交ダンスから学ぶカップルと人間関係のコツ

社交ダンスは男女が組んで踊る中で社交ダンスの技術だけでなく 相手に対する言動についても学ぶことが多いです。楽しい態度と適切な振る舞いが大事。 笑顔は相手に気を使っている証拠。 踊りの経験と目的が違う相手を尊重すること。 踊っている以外の時間は傾聴を大切に。 社交ダンスで学べる人間関係のコツを活かす。
カップルのコツ

笑顔と承認と傾聴が楽しい社交ダンスのコツ

身近な人に対しては特に以下の3つを意識して会話できたら良いと思います。 ✔笑顔で接する ✔承認の姿勢と相手の考え方を理解する言っている内容を理解する ✔相手の話を聞く傾聴の気持ち何でも話してくれる人間関係を普段お互いに機嫌良い時に作っておくといい。 そんな話を書きました。 ヒロス流カップルのコツの話でした。
ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツ 礼節を大切にする

自分も周りもパフォーマンスを上げるために礼節は大事という話を書きました。 礼節をもった言動がもたらすメリット。 礼節をもった言動が大事な理由を書きました。 社交ダンスの上達にも役立ちます。 社交ダンスだけでなく、日常生活、ビジネスでも役立つと思います。
社交ダンス

小さなことをやる社交ダンス上達のコツ

修正やチャレンジは小さなことから実行がコツです。 このことは大きなことではないかな?って考えることです。一つのことをもっと分解できないかな?って考える。 小さなことをちょくちょく 自ら実行していきましょう。その積み重ねで 社交ダンスも上手になり 人間関係も 良い状況になるといいと思います。
カップルのコツ

不満なことを気にする前にまずは感謝すること

相手の不満を言う前に感謝すること。 疲れる生き方の人の思考のクセとは。 感謝すべき点や良い面を見つけることが大事。 心の中でつぶやく言葉が思考のクセにつながるので、ポジティブで楽観的な言葉を使っておくこと。 静岡市清水区のメンターヒロスの考え方でした。
社交ダンス

我慢せずに素直に伝え合う社交ダンス上達のコツ

同じダンス教室の仲間やちょくちょく一緒に踊る仲間の場合、踊りにくい時には相手に素直に伝え合うことをおすすめします。 相手に伝えることでお互いハッピーになります。 言葉の範囲内だけを理解することをお互いの暗黙のルールにしておくことが大事です。 ヒロスダンススタジオのレッスンでのお願いを少し書かせていただきました。
ヒロス流考え方

人とつながっていることがストレスを減らす

社交ダンスから学んだヒロス流考え方の話です。弱みを話せばより具体的助言がもらえると思います。 相手を恐れすぎずに雑談会話をすること。自分が話すことで相手にどう思われているかキにしすぎていませんか? 言葉を選ぶ雑談を減らすことが大事だと思います。そのために、普段の雑談を多めにして上手な人間関係を作っていきましょう。
メンター

コロナ鬱コロナノイローゼ:ヒロス流対処策

暑さのストレスも加わり、コロナによる人の分断が加速しているように感じます。 コロナへの怖さや危険度の感じ方は人それそれ違います。コロナへの知識・価値観・過去の体験の違いが原因だと思います。 社交ダンスでも日常生活でもビジネスでも、議論するときははお互いの知識価値観経験の共有がスタート 正しさよりも承認しあうことが大事
ヒロス流考え方

見つけておこう!自分流気分転換策を

Withコロナのこれからの時代は、 仕事関係が原因のメンタル疾患よりも ☑人生や生き方の不安からメンタルがやられる ことが多いと良くなると思います。そのためには、 ① 何かに集中して脳リラックスする時間を 意図的にわざわざ作ること ② 何か別のことを日常と違うことをやるやって脳を休めること
カップルのコツ

相手の他の部分への興味がありますか

心の中で相手をどのように見ているかが大事。 まずは自分(あなた)の率直さ謙虚さが大事。 良い人間関係のための工夫としては、相手に興味を持つ、問題の共有に8割のエネルギーを使う。 大変だけど上手な好奇心が人間関係のコツ。 問題を感じたら共有が8割で解決が2割。
ヒロス流考え方

自分と踊りたいと思う踊りをする

今の自分と踊ってみたいか。今の自分と一緒に過ごしたいか。今の自分と一緒に仕事をしたいか。自信と謙虚さのバランスを保ちながら、自分を客観的に観察できるといいと思います。
ヒロス流考え方

最低20回は繰り返すこと

社交ダンスから学んだヒロス流考え方。◆伝える時も聞くときも  20回の繰り返しを前提とする ◆伝え方は努力が必要 ◆伝える側は心理的な  テクニックも必要 ◆一つの言い方方法しか  見つからない場合は  視野と知識の狭さを疑うこと
カップルのコツ

自分を変えることがモメないコツ

相手を変えようとすると最後にはモメる。 自分を変える意識を持つ。 自分が変わることを大前提にして過ごすべき。 社交ダンスで学んだカップルのコツについてブログを書きました。 ヒロス流カップルのコツの話。静岡市清水区の社交ダンス教室です。 人間関係のコツについてもちょくちょくブログを書いています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました