レッスンのコツ

社交ダンス

なんどでもなんどでも繰り返し

上達の敵は忘却だから何度でも伝えます 社交ダンスの上達の敵は、 こうしたらいい ここを気をつけよう ということを忘れてしまうことです。 だから なんどでも、同じことをアドバスしています。 私たち(ヒロスとミスズ)は 言い方を...
社交ダンス

音楽なしの練習とレッスンの大切さ

2人で踊る社交ダンスも一人で踊る練習が大切 上手になりたい ステップの順番を覚えたい そんな時は 一人で踊って練習する シャドー練習も大切です。 正しいフットワークや顔の向き シューズの向け方やand(と)カウントも 音楽な...
ヒロス流考え方

問いと仮説と答えのくり返しが大事

問いと答えの繰り返しが上達と成長のコツ 社交ダンスの上達と成長も レッスンを受けて聞いているだけでは もったいないです。 問いを先生や仲間に声をだして伝えましょう。 相手が”自動的”に話してくれた アドバイスを聞いてやってみるこ...
社交ダンス

趣味と遊びの社交ダンスは気持ちよく踊る

気持ちいい踊りを目指すと上手くなる 社交ダンスの知識を増やして 上手に、美しく踊れることを目標にする方も多いと思います。 上手くなりたい キレイにおどりたい 楽に踊りたい その目標達成までの過程においては ・自分が気持ちよく踊...
スタッフ日記

どんな質問も役に立つ問いを立てることが重要

自分が変だと思ってもいい質問です 変な質問かな? 自分だけ質問していいのかな? そんな心配せず、どんどん質問してください。 もし質問しずらかったら 「変な質問かもしれないけど。。。」 とか 質問内容が上手に伝えられそうになかっ...
ヒロス流考え方

言葉が一致していも安心しないことが大事

使う言葉が同じ文字面でも内容の理解のズレが問題 相手と自分が使う言葉やテクニック用語が 同じ言葉(文字面)だとしても その具体的な動き方や理解が 相手と違っている場合もあると知っておくことが大事です。 だから レッスンや練習の時...
社交ダンス

驚くほど単調な練習が上達のコツ

熱心な中級上級の社交ダンサーが上達するコツ 社交ダンスの中級や上級になると 多くのステップが踊れると思います。 だから 質と精度を上げることが 現状の踊りを向上させる方法になります。 そのためには 基礎の動きを自分でも驚く...
社交ダンス

社交ダンスの魅力は相手が違っても踊れること

グループレッスンで楽しめること グループレッスンでは どんどん踊る相手を交代します。 相手が違っても問題なく踊れることが 社交ダンスが楽しいポイントだと思います。 ステップの形が決まっているから 相手がどんどん変わっても 問題...
社交ダンス

ルンバ オープンヒップツイストの男性の足の位置

オープンヒップツイストの男性の3歩目 微差のこだわりは、意味がある。 そんなポイントとして ルンバの男性のオープンヒップツイストの3歩目の 足の位置は、 ◆右足の少し後ろにクローズ つまり 右足に揃えてクローズではない。 こ...
社交ダンス

女性がルンバを上手に踊るコツ

女性はディレイドフォワードウォークを鍛えると気持ちよく踊れる 今日の記事は、ヒロス流社交ダンスのコツ ルンバを気持ちよく踊るポイント についての話です。 気もち良く踊れると見た目も格好良くなると思います。 そんな女性が練習して...
ヒロスダンススタジオ

質問と回答の一往復ではない社交ダンスレッスン

質問に答えるだけではなく会話と対話を目指している ヒロスダンススタジオの社交ダンスのレッスンでは お客様(生徒さん)からの質問に答えることだけではなく 質問内容をしっかりと確認したり 現状を確認したり こうしてみて、あ~してみたら...
スタッフ日記

抑揚を加えたカウントで踊りを良くする

豊かな表現と抑揚あるカウントで社交ダンスの動きを伝えたい 足を動かすスピードや 足を床にそっと着地させたりするときには 抑揚をつけたカウントが役に立つと思います。 なぜならば 抑揚をつけたカウントを聞きながら踊ると 踊っていると...
スタッフ日記

次のレッスンで何を聞こうかな

社交ダンスの練習時の疑問はメモしておく 社交ダンスの練習や仲間と社交ダンスを 楽しんだ時に、ふわっと浮かんだ疑問点や 上手に踊れないところは 踊りを一時停止、中断して、メモをとることも 上達を目指している方には大事なことです。 ...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツは観察すること

踊りを観察する目と見る目を鍛える 社交ダンスのように身体を動かして 覚える趣味と遊びは、すぐに真似して動きたくなるものです。 でも まずは、 お手本の動きを見る目、観察する目を 鍛えることを優先すると良いと思います。 ・ひ...
社交ダンス

出来ている踊りを修正改善すると良い

社交ダンスの中級者上級者や団体レッスンを受けるコツ 新しいステップをもっと教わりたい 新しいルーティン(ステップの順番)を覚えたい という目的でレッスンに向かうことも多いと思います。 この目的の場合は、 ・入門、初心者には適してい...
スタッフ日記

お客様と生徒さんという意識

習い事では二つの立場の理解でうまくいく 社交ダンスを習いに来てくれる方も  ・お客さんの意識  ・生徒さんの意識 そんな二つの意識でお越しいただけると良いと思います。 私たち教える側も お越しいただく方に対して  ・お客様...
ヒロス流考え方

効率良い上手なレッスンの受け方

社交ダンス上達には効率的なレッスンの受け方も必要 効率的なレッスンは 一人ひとりに合わせたレッスンが受けられる 個人レッスンがいいと思います。  グループレッスンでも個人レッスンでも 社交ダンス上達の問題点は ◆レッスン内容を忘...
ヒロス流考え方

すぐに自分流にアレンジしない

社交ダンス上達のコツはアドバイスをすぐに自分流にアレンジしない 社交ダンスに限らず 日常生活でもビジネスでも 周りの人からより多くのアドバイスをもらうためには ◆聞いたアドバイスをその場でそのままやってみる と良いと思います。 ...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツは言葉用語の理解

社交ダンスのレッスンで使う言葉(用語)の理解が大事 新しいステップを覚えたり 改善や修正するときのアドバイスを 理解するためには 社交ダンスの用語の意味と理解が必要です。 たとえば、 ◆足(シューズ)や脚の位置に関しては  ・...
スタッフ日記

正しさを押しつけたくない

自分にとっての正しさを押しつけたくなる危険 教える側(伝える側)としての”自分の正しさ”を 相手に押しつけないように気をつけたいと思っています。 先生と生徒さん 上級者と初心者 親と子 相手より自分のほうが知っていたり 経...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました