争いの原因

ヒロス ヒロス流考え方

ヒロス

こんにちは。ヒロスです。今回のフログ
一言で言えば

トラブルの理由は情報不足

社交ダンスでもビジネスでも家庭でも、
パートナーとモメる原因は、
考え方の違いや、価値観の違いでないです。

 

単に、お互いに言えることですが、
相手の持っている情報をあなたが共有できていないからです。

 

社交ダンスの練習の場面だけでも、
あなたの相手に関しての情報不足が原因
ということが分かります。

例えば、

相手が今、何を練習したいのか、
相手はやることが多くて、都合わるいとか、
相手がその練習をやりたい理由とか
相手だけが計画性あり競技会までに
練習できる時間が少ないことを知っているとか

相手の情報、相手の気持ちについて、
あたなが知らなすぎるから
喧嘩が始まってしまうのです。

 

日常生活でもビジネスのシーンでも似ていますが、
意見のぶつかり合いの時、

そもそも、言い合い、ぶつかり合い以前の部分が
原因で争いになっていることを知りましょう。

お互いの情報共有量が少なすぎるからです。

 

ぶつかる以前に、
お互いに相手の情報収集の時間を使うべきです。

あなたが相手に対して
情報収集の努力をしていないからトラブルんです。

 

お互いにもしくは、あなただけでも
知っておくことは、
相手の事情、機嫌、考え方、気持ち、ノリなどを
知らないのに相手に文句を言ったり、
相手を評価しないことです。

 

ダンスの練習や日常生活で、自分の機嫌が悪くなったら、
すぐに相手の持っている情報量を共有するように
気持ちを切り替えると良いと思います。

 

無駄な争いごと、言い合いをしながら、
相手の情報状況を知るという、
無駄なエネルギーを使わないようにしましょう。

 

社交ダンスの練習前は特にですが、
機嫌が良い状態で取り組むことが大切です。

 

自分が知らないことで、喧嘩になることは、
避けましょう。

 

以上 ヒロス流

 社交ダンスから学んだ考え方 

 

でした。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました