上司先輩の方へ 大事な話し

ヒロスのビジネスサロン 部下後輩への教え方 ヒロスのビジネスサロン

今日は、ヒロスのビジネスサロンの
話しです。

 

ヒロスの社交ダンスから学んだ
ヒロス流仕事学です。

社交ダンスの話ではなく、
【会社の上司・先輩向け】の
話しです。。。だから
厳しい言葉もあるので、
興味は社交ダンス!という方は、
他の記事にすすんでください。

 

社交ダンスでも、ビジネスでも

人に教えることは難しい

しかも、思っている以上に難しい

 

ヒロスとミスズが
ここのヒロスダンススタジオで
社交ダンスを教えて、
15年経ちました。

 

社交ダンスもビジネス(会社・職場)でも
同じですが、

 

✔一人ひとり体力も技術力も思考も違う

 

だから、教え方、指導のやり方も
一人ひとり違う教え方になって、
その教え方は修正の連続になります。

 

今回のこの記事は、

◆会社・職場 ◆職場での上司・先輩の向け

 の話しになります。

 

会社の上司・先輩が、部下後輩に
指導する内容は、

1.業務やり方のこと

2.職場のコミュニケーションのこと

3.ホウレンソウの大切さ

4.仕事への取り組み姿勢

5.会社部署個人の目標管理のこと

  大体このあたり。。。

 

 1~5を教えておけば、
業務は、まわります。

 

 ただ、これだけだと、
新人はどんどん辞めていってしまいそう。。。です。

 

辞めなくても、
・会社で過ごす時間=給料
・仕事は、右から左へ流すだけ、
・発言のすべてに保険をかけて
 自分の責任にならないような範囲での仕事ばかり

になると思います。

 

保険をかけ、逃げ道を作った上での
発言と判断ばかり。。。
部下・後輩の言動がそうならないように
部下・後輩に丁寧に教える必要があります。

 

が、、、

 

 多くの場面で、
教えることをナメている方が多いです。

 

 多くの上司、先輩自身が
”今、現時点で貪欲に学んでいない” のに、
部下、後輩には

「具体的だけでなく抽象的なことまで教えようとしている」

この現状にムリが出てくるのだと思います。

 

だからまずは、自分のこと、上司・先輩の方自身が

■機嫌よく過ごし
■お客様や部下から自分ファンを増やして
■自分ひとりではやれないことをやっている状態

になることが大事です。

 

教えるのではなく、

✔自分を見本にしてもらう思考

自分のファンになってもらうことで、
部下が自ら学び、自ら成長して、
自ら、思考のクセ、意識、意欲、に
変化が現れると思います。

 

自分も部下後輩と同じ【学びの状況(進行形が大事)】に自分を置いてから

☑部下・後輩に学び方を教えることが

上司・先輩の役割だと思います。
説得力が上がるから。

 

自分の経験、自分の知識を教えるのは、
業務を回す意味では、とっても重要です。
そもそも業務を回せなければ、

✔今やっている効率悪いことをなくせないし

✔今やっている良いことを他の業務に活かせないし

✔今出来ていないけど将来改革改善したいことも  思いつかないし

✔今は発生していない事故クレームを  将来も防ぎ続けようというポイントも分からない

 

だから、業務を回すことは、基本中の基本。
この分は、指導や教育 以前の話です。

 

重要なことは、

教わる側も、

✔業務を回せることは、単純な基礎

という自覚を持つことです。

業務を回せる=仕事をしている=仕事ができる

と思っている方が多いです。

 

周りより仕事ができていると思っている状態。。。
圧倒的に、周りと違うのなら、それは、いいのですが、

 

だいたいの場合は、そうではないです。

 

現在の仕事の効率の悪さ、
仕事の重複、判断の遅さ を 反省し後悔していないからです。

 

 自分の理想の仕事の効率、仕事の出来と自分の実際を比べて見れば、
以下に現状、実際の自分が劣っているのか、出来ていないかに
気づくはずです。

 

・自分がまだまだ仕事が一人前ではない、
・ファンが増えるはずもない
・自分の知識の少なさ
・自分の未熟さ

を知れば知るほど、部下や後悔の未熟さと
指導・教育をどうしたら良いのかを考え始められると思います。

 

社歴や、年齢、反復した回数の違いだけで、

上司ズラ、先輩面 を していては恥ずかしいと
鏡の前にたって自分に言うことが大事だと思います。

 

他人のお子さん、他人(同じ職場の仲間だとしても)を教えることは、

思っている以上に大事に、丁寧に、無礼な言動なく
情報とコツを伝えると良いと思います。

 

 

✔学ぶ・勉強することの大切さ

✔学び方・勉強の仕方

✔自分の仕事への意欲、意識のチェック方法・管理方法

✔機嫌よく職場で過ごす方法

✔安心して会話ができる職場の作り方

 

人それぞれ違う、

お互いに礼儀正しく接して、

先輩・後輩  上司・部下の

会話態度に美的センスが見えてくると

上司も部下も、

安心して会話して、どんどん実験的に、
今のやり方、今の仕事を変えてみる

ノリ良い職場が出来ていくと思います。

 

 一人ひとり違うし、

 同じ人でも、その日のレッスン、その場でも
気分状態が違う

 

その中で、気持ちよく社交ダンスのレッスンをうけていただく
ことを今も、今日も、意識レッスンしていきます。

 

仕事を右から左にまわす業務全般は上手に教えられると思います。

 

だけど、
■仕事の意欲、意識、
■人間性
■仕事学、人間学、哲学的なこと
■どんな気持ちでコミュニケーションしたらいいのか

などの、仕事業務を回す以前に大事な
考え方や性格や価値観の部分を

部下・後輩に上手に教えられなければ

業務を回すこと以外の大事なことは、

✔自分が読んでためになった本や、
✔自分が見本にしている上司

伝えるだけでも良いと思います。

 

 多く方が参考になった、自分も勉強になった本を
部下・後輩に何冊も読んで頂くことの方が、

自分が指導、教育するより、はるかに部下・後輩のために
なることを意識しておくことも大事だと思います。

_________________

ここまでの話し

 上司が部下に
・業務を教える
・おすすめの本を伝える ということだけ

の話しでは物足りないと思いますので、
ヒロス流具体的な行動案を伝えたいと思います。

 

1.上司・先輩が教える前に自分で自分を
  指導教育すること
   →本を読み、見本の先輩と話すこと

 

2.部下・後輩と話すときには、必ず、モメりながら

 

3.最終目標、中目標(中期目標)、小目標(短期目標)
  を活字にして後輩・部下と一緒に進捗を管理する

 

4.部下のA4メモ書き(赤羽雄二さんの書籍あり)の実行しているかを
  部下・後輩に毎日確認する。人のA4メモの中確認は、厳禁!!!

 

 その書いてもらうA4メモには、

  ・今やっていて継続したいこと
  ・今やっていてやめたいこと
  ・やっていて1つに(融合)したいこと
  ・直近の問題でどうにかしたいと思ったこと
  ・どうすればその問題を解決できるか?という
   文章でメモすること

 ということをA4メモ書きすると
良いと思います。

 

5.課題と目標には測定可能な表現にかえていく

  →評価もしやすいし、どう頑張ればいいか
    わかりやすいからです。

_________________

会社、職場の問題は、全て、人間関係に起因しています。

すべての方(上司も部下も)が、

✔とにかく安心して発言できること

✔お互いに感謝しあっていること

✔一人ひとりが機嫌よく過ごすこと

 

と言った環境を作っていけるといいと思います。

 

社交ダンスから学んだ

会社職場の上司の仕事のやり方について
ヒロス流仕事術の話でした。

 

 社交ダンスとは、あまり関係ない
ヒロスのビジネスサロンの記事でした。

 

長文、最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました