考え方のコツ

ヒロス流考え方

心の整え方と考え方を鍛えられる

気持ちが軽くなり元気に過ごすための技術の鍛え方 社交ダンスは、相手と組んで踊るので 利用の仕方によっては ◆楽な生き方の考え方 ◆心の整え方 ◆上手な人間関係の作り方 という考え方の技術が鍛えられます。 しかし 趣味と遊びの...
ヒロス流考え方

意見の違い矛盾をどの程度受け入れられるか

考え方の違いはあって当然 相手の考え方と噛み合わない。 そんなもんだ。と考えることがスタートラインです。 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 自分自身の言動ですら、素直に観察すると 以前の自分と今の自分の中で 齟齬、...
ヒロス流考え方

思い通りになる ならない

思い通りに「なる」「ならない」だけの判断は危険 ・自分の思い通りになるのか ・自分の思い通りにならないのか この基準で自分の行動を選ばないほうが良いと思います。 自分の思い通りになる予想できたことだけを選んで そのことだけ頑張ろう...
ヒロスのビジネスサロン

まずは正直にやってみること

他人のアドバイスを正直にやってみる正直さが大切 他人からのアドバイス通りにやってみる。 ノリよく行動するためには ◆そのアドバイスの意味はやてみた後に考える という思考のクセを持つことがコツだと思います。 アドバスを受けた時に...
ヒロス流考え方

強いリードやフォローの乱用は弊害も大きい

相手に合わせたリードやフォローがともかく大事 グループレッスンでも パーティーでも 次々と踊る相手が変わる状況で 特に注意することは ◆相手に合わせて踊ること です。 そのために、踊り始めは ともかく、優しいステップと優しい...
ヒロス流考え方

上達のコツは意識と意欲を上げること

2人で踊るカップルダンスだから2つ視点が大切 2つの視点 つまり 1.相手に対する視点 2.自分自身に対する視点 という2つの視点を持つことが大事だと思います。 相手に対する視点 カップルダンスの社交ダンスで言えば相手に対...
社交ダンス

テクニック以外の部分の工夫でもっと楽しく踊れる

感じの良い人と踊ると楽しい 社交ダンスがすごく上手な踊りを見るのは 感動と興奮、楽しさが味わえてすごく好きです。 だから 社交ダンス仲間や一緒に踊る相手ともっと楽しみたいから テクニック身につけてもっと上手に踊ろうということばかり...
カップルのコツ

楽しい練習と楽しい過ごし方

社交ダンスの練習を楽しくやるコツ ともかく人間関係が良いことが大事です。 安心して発言できること 安心して聞けること そんな人間関係ができていると楽しく練習ができると思います。 あ~してみよう、こうしてみよう ここってこうじ...
社交ダンス

よく踊るステップは高品質がいい

よく踊るステップだからこそ高品質する ブルースやルンバのニューヨーク ワルツのホイスクやターニングロック タンゴのウォークリンク、コントラチェック スローフォックストロットのフェザーステップやスリーステップ など、使う頻度が高いス...
ヒロス流考え方

反対の意味を意識して2倍の効果

理解を深めるために反対の意味を考えること 社交ダンスのレッスンでは ・アクセントをもっと強く表現してとか ・大きく動いてとか ・もっと切れよく早く動こう などいろいろなアドバイスを聞きます。 そんなアドバイスの多くには ◆...
ヒロス流考え方

上達のコツ:「たぶんこうかな?「と「なるほど~」

「試しにやってみる」と「納得してからやってみる」の違い 社交ダンスでも 日曜日でも ビジネスでも 成長と上達のための行動は2つです。 ①試しにやってみる ②納得してからやってみる 自分で考えて、こうかな?という思考で ①...
ヒロス流考え方

三方良しの実践的学び方

自分だけ良ければいいではいられない 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 自分だけ良ければ良いではいられません。 そのことを頭で理屈でわかっているだけでは駄目です。 実践の場を通じて「自分だけ良ければいいんではいられない」...
ヒロス流考え方

決められた約束とルールを守る意識を大切に

社交ダンスの上達も約束とルールをきっちりと守る意識が大事 今日のブログは、社交ダンスを安心して踊るためのコツに関する話です。 「こんな時どうしよう」 「こうなってしまったら。。。」  という イレギュラー対応のことは気にせず まず...
メンター

今この瞬間に没頭できることを持つメリット

不安や心配とイライラ解消策:目の前のことに集中すること 人に意見と言われて 自分の心が動く。 どう動くか、それは みんな知っていることですが 1.相手が自分のせいだと思っていると感じる   自分のせいではない。なんで自分のせいな...
ヒロスのビジネスサロン

一時的な(仮り)の正しさで進めるという理解が大事

相手の立場と役割からの発言をまずは正しいということで進める 相手の立場、相手の役割としての発言は どうしても必要という場面が多いです。 例えば ・経験が長い立場からの発言 ・上司としての発言 ・指導者としての発言 ・先輩として...
ヒロス流考え方

社交ダンスで学ぶ自分と人への配慮について

二人で踊る社交ダンスで学ぶ配慮と言葉使いのコツ 社交ダンスは、 二人で組んで踊ることが多いから 情動の変化が多いと思います。  そんな社交ダンスの時間に 自分の心の中の言葉遣い 自分を褒める意識を整えると良いと思います。 ...
社交ダンス

注意点や改善点だけでなく長所や魅力を伸ばす

問題点だけなく長所や魅力も伸ばす 練習やレッスンでは、 改善点、修正点、上手に踊れない部分ばかりに 目が向きやすいです。 マイナス部分をプラスに することばかりでは、まるで修行のような 時間を過ごすことが多くなってしまいます。 ...
メンター

何度も失敗することでコツを見つける

コツを見つける前にはたくさんの失敗がある 上手に踊れない うまくできない 失敗ばかりでイヤになっちゃう そして すこしあきらめの気持ちが出てしまう。 この流れは良くないです。 社交ダンスでも ビジネスでも ◆新しい...
ヒロス流考え方

機嫌よく心軽く生きたいですね

自分で自分の機嫌をとるトレーニング 周りからの言葉 周りからの態度 をどのように自分が受け取るかによって 自分の心を軽くしたり重くしたりします。  受け取り方次第で 一瞬で自分の状態が変わってしまいます。 たとえば ただ...
カップルのコツ

カップルのコツ 自分のことを観察すること

社交ダンスで学んだカップルのコツ 相手と組んで一緒に踊る社交ダンス。 踊っている時に相手の動きばかりが 気になってしまうことがあります。 特に、中級、上級になって 知識が増えれば増えるほど 相手の動き、相手の考え方など 相...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました