考え方のコツ

ヒロス流考え方

追求すればするほど小さな原因の場合が多い

適切なボトルネックは最小で基礎的な要因の場合が多いと思います。 ボトルネックを見つけないと問題が多いと感じます。 ボトルネックを探す時に深く考えるメリットは、原因の気付きと対策が最小で基礎的なものになる。 社交ダンスの改善にもボトルネックの意識が大事です。シューズを脱いでじっくり考える時間も大切にしましょう。
ヒロス流考え方

時間が過ぎる感じ方の調整の工夫

時間が過ぎる感覚を調整する工夫。 時間が過ぎる感覚の長い短いの理由について ◆時間が短く感じるときの共通点 ◆時間が長く感じるときの共通点 ヒロス流時間感覚の調整のコツ。 ゆったりと時間が過ぎてほしい時、 どんどん時間が過ぎてほしい時、 自分で少し調整できたら良いと思います。ヒロス流時間術の話です。
ヒロス流考え方

覚えることより考えることが大事

書き出せるぐらいに考えることが大事です。ふわっと考えているのは、感じているだけの状態です。 覚えること記憶することで分かったように安心してしまう危険があります。覚えたことと考えて分かったこととは、大きく違います。 問題解決は覚えることより考えること。 考えることが大事という社交ダンスから学んだヒロス流考え方を書きました
ヒロス流考え方

不安解消の方法 社交ダンスで学ぶ言語化

心(頭の中)の思いを言葉にできないことが原因でストレスや不安が大きくなることがあると思います。 言語化することで解決に少しでも進めると思います。 言語化のトレーニングに社交ダンスが良い。それは、動きや動作など言葉にしづらいことを言葉にする場面が多いから、無意識的に感じていることを言語化する力がつくと思います。
ヒロス流考え方

社交ダンスで作れる良い姿勢のメリット

良い姿勢は素直な思考にし身体を楽にしてくれる 姿勢が良い人のイメージ 姿勢が良いことのメリット 良い姿勢と悪い姿勢の人の違い 良い姿勢のイメージ:ヒロス流 悪い姿勢のイメージ:ヒロス流
メンター

コロナ鬱コロナノイローゼ:ヒロス流対処策

暑さのストレスも加わり、コロナによる人の分断が加速しているように感じます。 コロナへの怖さや危険度の感じ方は人それそれ違います。コロナへの知識・価値観・過去の体験の違いが原因だと思います。 社交ダンスでも日常生活でもビジネスでも、議論するときははお互いの知識価値観経験の共有がスタート 正しさよりも承認しあうことが大事
社交ダンス

「ところで、、、」の言葉が上達のコツ

ヒロス流社交ダンス上達のコツ。「ところで」の言葉を使って基礎基本の確認 第一原理を再確認しましょう 「ところで」を使ってフィードバックが大事
ヒロス流考え方

プロだな〜って感じる振る舞いヒロス流考え方

ヒロス流 プロとアマチュアの違いついて プロとは褒めポイントを素早く見つけられること。 褒めれるポイントを論理的に説明できるのがプロ。 静岡県静岡市の社交ダンス教室 日曜日のレッスンも行なっています。
ヒロス流考え方

自分と踊りたいと思う踊りをする

今の自分と踊ってみたいか。今の自分と一緒に過ごしたいか。今の自分と一緒に仕事をしたいか。自信と謙虚さのバランスを保ちながら、自分を客観的に観察できるといいと思います。
カップルのコツ

自分を変えることがモメないコツ

相手を変えようとすると最後にはモメる。 自分を変える意識を持つ。 自分が変わることを大前提にして過ごすべき。 社交ダンスで学んだカップルのコツについてブログを書きました。 ヒロス流カップルのコツの話。静岡市清水区の社交ダンス教室です。 人間関係のコツについてもちょくちょくブログを書いています。
ヒロス流考え方

集中力がすべてを解決してくれる

静岡市清水区 メンタルトレーニング 機嫌良く過ごすコツ について書きました。 ■機嫌よく過ごすことが最大のテーマ ■機嫌よくいることのメリット ■考え方だけでは解決できない ■集中力があるかないかがポイント ■集中力を高めるトレーニングが必要
ヒロスのビジネスサロン

4つの知識 社交ダンスでも利用可能

知れば知るほど自分が情報弱者だと気付ける 4つの知識 客観的知識 主観的知識 共有知識 感覚的知識 4つの知識に共通することについて書きました。P.S. リニューアルした静岡県地震防災センターに行ってきました。
社交ダンス

意識と表現の違い社交ダンスの場合

社交ダンス教室のブログ 静岡県静岡市清水区 意識と表現の違いの話です。 表現(言動)よりも意識が大事ということをお伝えしました。 意識と言動が一致できるように 機嫌の良い意識 優しさの意識 相手に興味を示す意識 を基本とした生き方を 私自身も心掛けて生きていこうと思います。社交ダンスでも技術より意識が大事
ヒロス流考え方

「わからない」や「疑問の状態」で過ごすメリット

不安な状態は悪くないかも 新しいことに挑戦することも不安 不安な状態に置かれている自分に気づくメリットについて書きました。 不安な状態は常にあるものと考えること。 「不安」を「集中できていない」と言い換えること。 社交ダンスから学んだヒロス流考え方 静岡県静岡市清水区 社交ダンス&貸しレンタルスタジオ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました