ヒロス流考え方

スタッフ日記

こだわり主義で受け取り方がポジティブ

社交ダンスの練習でもレッスンでも尊敬 びっくりするぐらいポジティブな捉え方 いいな〜って思います。  「ポジティブですね」って お伝えすると 「何も考えていないから」 とか 「いい加減だもん」 って返されます。 で...
カップルのコツ

カップルのコツ 自分のことを観察すること

社交ダンスで学んだカップルのコツ 相手と組んで一緒に踊る社交ダンス。 踊っている時に相手の動きばかりが 気になってしまうことがあります。 特に、中級、上級になって 知識が増えれば増えるほど 相手の動き、相手の考え方など 相...
ヒロス流考え方

考え方のコツ 注意と判断2つのポイントを分ける

注意するポイントと判断するポイントという2つのポイントの違い 社交ダンスを踊るときに ◆注意するポイント ◆判断するポイント という2つのポイントを知っておくことです。 注意することと判断することは 別だということです。 ...
カップルのコツ

社交ダンスで学んだ機嫌よく上機嫌で過ごすコツ

男性女性の役割としてくくらないこと 社交ダンスは、いろいろな方と踊ります。 そこで、男性の役割、女性の役割として 大きく、くくらない意識が大切です。 リーダー(男性)の役割だよね? パートナー(女性)の役割だよね? という具合に...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツ 幅広い選択肢を持つこと

社交ダンスを上手に楽に踊るための情報を集めること 社交ダンスは、音のとり方から立ち方、組み方 ステップの仕方、視線など 楽に上手に踊るためのコツは無数にあります。 自分ができるか、できないかは、 一旦よこにおいて たくさんの知識...
スタッフ日記

惜しみなく伝える教える理由

自分の知識と情報を惜しみなく伝える重要性 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも ヒロスとミスズは 惜しみなく伝えます。 その理由は 伝える教えるネタを出し切ることで 私達が ・新しい知識を増やすことになるから ...
社交ダンス

上手くいかない時が学びのチャンス

上手くできないときが学びのときと思うと焦らない 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも うまくいっていない時が学びの機会 って思う思考のクセを持つことが大事です。 うまくいっていないな〜 って感じたら 避けたい終わらせた...
ヒロス流考え方

理性と論理は変えづらいと知っておくこと

理性と論理の修正や変化はしづらい 今日のブログは、社交ダンスで学んだ ヒロス流考え方の話です。 自分も相手の人も 理性(考え方)と理論を変えたり修正しづらい って知っておくと良いと思います。 社交ダンスのレッスンや練習の時で...
社交ダンス

社交ダンスも楽観的な気持ちで踊ることが大事

社交ダンスを踊るとき不安や心配より楽しい気持ちが大事 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 前向きで楽観的で楽しい気持ちで 取り組むことが大切です。 心配、不安の気持ちで 相手に近づき、組んで踊りだすと きっとその...
カップルのコツ

ゆるくつながり個々を活かす

共有と共感と一体感を強く求めないこと 社交ダンスで学んだヒロス流考え方です。 2人で踊る社交ダンスからは いろいろと学べます。 たとえは、 カップルや人間関係のコツについてです。 今回の話は、 いいカップル いいチー...
ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツは自分の判断基準を持つこと

自分なりの判断基準を持つことが修正改善につながる まずは、今の自分の中で 現状の自分の経験と知識の範囲内で 自分なりの判断基準を持っておくことが大事です。 経験や知識量、テクニックの量の違いで 踊っているときの 状況判断 ...
社交ダンス

初心と基礎に戻る

社交ダンスが上手くなってきても初心と基礎に戻る 初心に戻ることは ちょっとむずかしいですが 基礎に戻って 練習前のウォーミングアップは大事です。 初心に戻るという感覚とは 初心者のときの気持ちを 思い出すことに近い感覚です...
ヒロス流考え方

苦手な種目やステップは慣れてしまうこと

苦手な種目やステップは上達より慣れることにする 苦手な種目は、上手に踊れるように という目標から 踊り慣れる という目標に 意識を変えてしてしまいましょう。  苦手な種目やステップは 踊り慣れていないことが 原因であること...
スタッフ日記

静岡県も緊急事態宣言 違いを理解しあう重要性

緊急事態宣言の影響で閉鎖休業休止が目立つ 日常生活や ビジネスでも 8月20日から始まった 静岡県の緊急事態宣言の 影響を感じています。 蔓延防止法から緊急事態宣言に 移行しても 現状の身の回りの変化は 小さいと思って...
社交ダンス

人それぞれ違う 社交ダンスの動きの大きさ速さ

社交ダンスの動きの大きさと速さに普通はない 社交ダンスの経験を重ねると もっと上手に踊りたい もっと大きく踊りたい もっと速く動きたい もっと強く踊りたい という希望が出てきます。 そこで大事なことは 一人ひとり違うから...
ヒロス流考え方

社交ダンス プロとアマチュアの違い 第二弾

社交ダンス プロとアマチュアの違い 今日は、以前にもブログの テーマにしたことがある ◆プロとアマチュアの違い についての話です。  *以前のブログはこちら 社交ダンスで学んだ プロとアマチュアの違いは、 日常生活でも ...
ヒロス流考え方

社交ダンス上達のコツ 「そんなもんだ」も大切

こだわり過ぎや考えすぎの練習時間を減らすコツ 社交ダンスのレッスンでは 納得できるまで 質問できる環境が整っていると 良いと思います。 生徒さん(お客様)の 経験と今の現状に適した 言い方やたとえを使って しっかりと説明...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツ:管理できないと承知して

管理できないから対応力と判断力が大事 社交ダンスは、上手に踊ろうとしても 管理できないことばかりです。 ◆男性リーダーが 完璧なリードをしても フォローする女性の 動きを完全には管理できません。 ◆カップルが完璧な ...
ヒロス流考え方

まるで準備ばかりになっていませんか

準備ばかりではなく社交ダンスを楽しむこと 社交ダンスが上手になりたい 覚えたいという気持ちが強すぎて 練習やレッスンという まるで 社交ダンスを楽しむための準備 ばかりに時間を使っていませんか? 準備という感じになるのでは...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツ:自分が動くこと

相手を動かす意識より自分が動く意識が大事 踊り初めのポジションも 組み始めるときも 回転のときも リーダーが自ら動いて 調整する意識が大事です。 リードするための表面的な テクニックに加えて 自分が動くという気持ちが ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました