ヒロス流考え方

社交ダンス

社交ダンス上達のコツ:管理できないと承知して

管理できないから対応力と判断力が大事 社交ダンスは、上手に踊ろうとしても 管理できないことばかりです。 ◆男性リーダーが 完璧なリードをしても フォローする女性の 動きを完全には管理できません。 ◆カップルが完璧な ...
ヒロス流考え方

まるで準備ばかりになっていませんか

準備ばかりではなく社交ダンスを楽しむこと 社交ダンスが上手になりたい 覚えたいという気持ちが強すぎて 練習やレッスンという まるで 社交ダンスを楽しむための準備 ばかりに時間を使っていませんか? 準備という感じになるのでは...
社交ダンス

社交ダンス上達のコツ:自分が動くこと

相手を動かす意識より自分が動く意識が大事 踊り初めのポジションも 組み始めるときも 回転のときも リーダーが自ら動いて 調整する意識が大事です。 リードするための表面的な テクニックに加えて 自分が動くという気持ちが ...
スタッフ日記

ロペス・村主組のラストダンスを見ました

金スマの社交ダンス ロペス村主組のラストダンス 金スマの社交ダンス企画を長い間楽しんで見ています。 金曜日の金スマでの JDSFの全面協力の特設会場での 競技ダンスも楽しくみました。  社交ダンス=競技ダンスという イメージ...
ヒロス流考え方

社交ダンスレッスン時間の短さを意識する

社交ダンスレッスン内の無駄な時間をなくしたい レッスン時間は、長くても1時間 だから 時間を大切にレッスンを進めています。 レッスン中には たくさん音楽に合わせて 踊ってもらいたいです。 踊りを止めて どしどし質問しても...
ヒロス流考え方

自分で決めて動いていますか?

相手のきっかけだけで動いていませんか? 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 最後の最後、つまり 一つ一つの言動を起こす直前に 自分で決めて動くことが大事です。 今回のブログは、 社交ダンスから学んだ ヒロス流考...
スタッフ日記

森林の中の気分転換 駒出池キャンプ場

人間関係や理屈から離れ自然に親しむ ◆他人と自分の関係  からちょっと離れて どうにもならない 自分が対応するしかない という ◆自然と自分の関係  を意識する時間も  大事、という話しです。 ヒロスとミスズの キャ...
ヒロス流考え方

練習練習そして練習

良いから素晴らしいにステップアップするために 千里の道も一歩から 社交ダンスで学んだヒロス流考え方の 話です。 社交ダンスを踊っていて よく踊れている状態から 素晴らしい状態にするには ◆練習練習 そして 練習 ...
ヒロス流考え方

知っている範囲以上には上手くならない

知っていること以上のことはできない 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも ◆自分が知っている以上のことは  できない ということ。 一所懸命 ・練習したり ・努力しても ◆知っている以上のことは  できない ...
ヒロス流考え方

無意識が多いということ

社交ダンスの上達のコツ 無意識的な部分が多い 社交ダンスから学んだ ヒロス流考え方の話です。 ◆社交ダンス踊っているときの  ほとんどの動きは、無意識  ということ。 社交ダンスを踊るとき 意識してコントロ...
メンター

完璧を目指すより成長を目指すこと

ゼロイチや完璧を目指すより成長と変化に努めること 自分なりの完璧を 目指しすぎると大変です。 だから、 完璧と納得感だけを目標にするのではなく ◆成長している変化 ◆過去との変化 を目標にすることが 大事だと思います。 ...
メンター

自由の中で責任感が生まれる

自由な動きが大事な理由 社交ダンスでは 試合(競技会)でも グループレッスンでも 個人、カップルレッスンでも 決まりきったステップの順番 ルーティンどおり踊ることが多いです。 決まった動きでは 自分がステップを間違ったり...
ヒロス流考え方

謙虚さと人の感情がわかることを鍛える

社交ダンスを踊れば踊るほど身につくこと 2人で組んで踊る社交ダンスだから 踊れば踊るほど ◆人の感情が分かる人になれる ◆謙虚さが大きくなる と思います。  これまでも社交ダンスから学んだ ヒロス流考え方の多くを書いていま...
社交ダンス

相手の人をぬきにテクニックにはしらないこと

テクニックよりまずは相手の人への思いやりが大事 社交ダンスのルーティンや テクニックのことばかり 意識して踊らないこと。 大切なことは、 一緒に踊っている 相手の『人』を大事にすることです。 テクニック知識より 思いやり...
ヒロス流考え方

自分の努力だけではない

周りの人と偶然や運への感謝が大事 今日のブログは 読み飛ばしではなく ちょっとゆっくりお読みください。 ここ数日に限ったことでは ないですが、 良いことも良くないことも 日々いろいろなことが起きますよね。 良いことが...
ヒロス流考え方

「知らないことばかり」に慣れること

取り組んでいるすべては知らないことがほとんど 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 取り組み始めは 知らないことばかりです。 上級、達人のレベルになれば また、入門時と質の違いはあっても 「知らないことがほとんどだ...
メンター

上手な人といい気分にさせる人は違う

上手な人といい気分にさせる人の違い 社交ダンスの趣味の場面で ◆上手な人と  何かいい気分にさせてくれる人 がいます。  上手な人を見たいが 一緒に取り組むときには いい気分にさせてくれる人に 魅力を感じることが多いです。 ...
ヒロス流考え方

どう踊るかよりどういう気持にさせるかが大事

相手とどう踊るかより気分よくさせることが大事 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 具体的に どんな踊りだったか 何をしたかより 気持ちや気分がどうだったか ということのほうが 印象と記憶に残ります。 つまり、...
ヒロス流考え方

自信あるふりや上手なふりも大事

自信あるふりや上手なのメリット 社交ダンスは ◆自信あるふりをして 踊ると、無駄に力を入れた 筋肉が緩み、 楽に踊れたり、バランスよく なったりします。 ◆上手なふりをすると かっこよい腕や指先の動きや 顔の向きを変え...
ヒロス流考え方

社交ダンスの努力線と成長曲線の話

成長曲線を信じて努力を継続すること 社交ダンスに限らず 趣味や特技や勉強も 日々の成長 毎回の成長 は、実感しづらいです。 練習時間やレッスンの回数で 描かれる努力線は 時間や回数に比例して 大きくなります。 ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました