ヒロス流考え方

ヒロス流考え方

複雑なステップを細かく分けていく力

複雑なステップを優先順位をつけて細かく分ける 社交ダンスの複雑で慣れていないステップも 日常生活や ビジネスでの 複雑で絡み合った流れも細かく分けることが大事です。 複雑なステップも、ごちゃごちゃしたことも まずは、細かく分けて...
ヒロス流考え方

クッション言葉が安心会話のコツ

常に相手がいる社交ダンスでも役立つクッション言葉 クッション言葉とは、5つの説明 ◆相手に対して何か改善を伝えたり  こうしてみてとかの依頼するとき  本題の前に添える言葉 ◆そのまま伝えてしまうときつい印象や不快感を  相手に...
ヒロス流考え方

社交ダンスで鍛える所作(しょさ)

相手と組んで踊るダンスで所作を鍛える 性別も年齢も経験なども 自分と違ういろいろな人と組んで踊る社交ダンスでは 所作を気をつける場面も多いです。 礼節をもって親切丁寧を意識した 自分の言動や振る舞いを 小さな反省を繰り返しながら...
ヒロス流考え方

楽しく過ごすための3つ 聞き方伝え方行動力

聞き方(教わり方)・伝え方(質問力)・行動力 趣味も遊びも日常生活もビジネスでも 楽しさを感じるのは ・知識が増えたり ・上達したり ・過去よりうまくなったり ・できるようになったり した時だと思います。 上手な教わり方聞き...
ヒロス流考え方

心の整え方と考え方を鍛えられる

気持ちが軽くなり元気に過ごすための技術の鍛え方 社交ダンスは、相手と組んで踊るので 利用の仕方によっては ◆楽な生き方の考え方 ◆心の整え方 ◆上手な人間関係の作り方 という考え方の技術が鍛えられます。 しかし 趣味と遊びの...
ヒロス流考え方

自分らしさを保つ4つのルール

続ける 始める やめる やらない 自分らしさを感じながら過ごしたい。 ふとした瞬間に、そんなことが頭に浮かぶことがあったら 次の4つのルールを思い出せると良いと思います。 ◆今やっている自分らしさを感じていることを   継続す...
ヒロス流考え方

甘える姿勢が意外とうまくいく

学びとっても人間関係においても甘える気持ちも必要 甘えるとは、人に頼った姿勢を表していると思います。 分からないとき 不安なとき 周りの人に甘えることで 教えてもらったり 助けてもらったりできると思います。 ともかく 甘えの...
ヒロス流考え方

力みと緊張を減らすためには安心感

社交ダンスを楽しく踊るには力を抜くこと 趣味と遊び、健康づくりのための 社交ダンスを楽しむための秘訣は ✅安心感をもって力を抜くこと 楽しく、安心して踊るために テクニックや知識を増やすことばかり 考えていると ...
ヒロス流考え方

失敗とぎこちない中での気付きが大切

手数の多さと不慣れで失敗をくり返すこと 失敗を繰り返し、その失敗に気づくことで上達する。 失敗するぐらいのチャレンジ的な行動と 失敗するぐらいのたくさんの行動が 成長と上達のスタートラインです。 そして 大きな失敗の原因だけでな...
ヒロス流考え方

グループレッスンのメリット

一人の話はみんなの話 グループレッスンで 自分以外の人がアドバイスを受けているとき 自分事としてしっかり聞くことが大切です。 カップルレッスンでも同じで パートナーやリーダーが先生から アドバイスを受けているとき 自分事と...
ヒロス流考え方

学び方の4つのこと

社交ダンスで学んだ学びの4段階 社交ダンスでも ビジネスでも 新しいことができるようになるには 4つのステップがあります。 1.暗記する 2.試しにやってみる 3.ギクシャクしながら続ける 4.問題点や疑問点を出す 1.暗...
ヒロス流考え方

問題解決は常に2つの仮説で進めること

2人で踊る社交ダンスは2つの視点で考える 上手に踊れないステップや タイミング合わないステップを解決する方法は 男性目線 女性目線 の2つの視点で問題解決に 取り組むことが大切です。 リードの問題だと 初めから決めつけること...
ヒロス流考え方

意見の違い矛盾をどの程度受け入れられるか

考え方の違いはあって当然 相手の考え方と噛み合わない。 そんなもんだ。と考えることがスタートラインです。 社交ダンスでも 日常生活でも ビジネスでも 自分自身の言動ですら、素直に観察すると 以前の自分と今の自分の中で 齟齬、...
ヒロス流考え方

ルールとエチケットを大切に

誰にとっても正しいことを心掛ける 社交ダンスのテクニックとルールは 世界共通。 だから、 船の旅で知り合ったり 始めて組んだ人でも楽しく踊れます。 したがって 誰にとっても正しい テクニックやルールやエチケット を知って身...
ヒロス流考え方

この先の将来の人生の楽しみと健康づくり

人生と健康を補強するための運動 健康第一。そう思って現状に感謝して過ごしていると思います。 でも、健康を意識したり、運動の必要性を意識するときは 不具合が発生したときになりがちです。 ◆頭が痛くなって初めて、  寝不足かな?寝過ぎ...
ヒロス流考え方

問いと仮説と答えのくり返しが大事

問いと答えの繰り返しが上達と成長のコツ 社交ダンスの上達と成長も レッスンを受けて聞いているだけでは もったいないです。 問いを先生や仲間に声をだして伝えましょう。 相手が”自動的”に話してくれた アドバイスを聞いてやってみるこ...
ヒロス流考え方

「理解と納得と出来る」は遅効性

行動量の積み重ねには時間がかかる 2人で踊る社交ダンスを覚えるには 時間がかかります。 レッスンや仲間からの説明の 意味が分かることも できるようになることも 時間が経ってからになります。 特に 身体を動かして、しかも相手と...
ヒロス流考え方

力(ちから)ではないルールとテクニックが大切

力(ちから)に頼ると相手の抵抗や反発を作り出す 社交ダンスのリードも 何かを伝えるときも 力(ちから)や立場を武器にしてはダメです。 力(ちから)による強さは 相手の無意識的な反応として”抵抗”されます。 社交ダンスのリード...
ヒロス流考え方

情報を相手に伝えるアウトプット力の鍛え方

情報伝達力を鍛えられる社交ダンス 2人で踊る社交ダンスでは 情報伝達のテクニックを高めることができると思います。 なぜならば 社交ダンスを踊ったり教え合ったりするときに 相手に自分の情報(リードや動き)を 伝える場面が多いからで...
ヒロス流考え方

言葉が一致していも安心しないことが大事

使う言葉が同じ文字面でも内容の理解のズレが問題 相手と自分が使う言葉やテクニック用語が 同じ言葉(文字面)だとしても その具体的な動き方や理解が 相手と違っている場合もあると知っておくことが大事です。 だから レッスンや練習の時...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました