ヒロス流考え方

ヒロス流考え方

原因ではなく目的に目を向ける

原因を追求するのではなく目標目的に目を向ける 原因究明すら改善項目と考えること 言葉の使い方選び方を変える 言葉と思考のクセを変える マイナス思考ではなくプラス思考を意識する ヒロス流マイナス思考からプラス思考に変える方法 モチベーション維持と機嫌良さの維持のために
ヒロス流考え方

プロだな〜って感じる振る舞いヒロス流考え方

ヒロス流 プロとアマチュアの違いついて プロとは褒めポイントを素早く見つけられること。 褒めれるポイントを論理的に説明できるのがプロ。 静岡県静岡市の社交ダンス教室 日曜日のレッスンも行なっています。
ヒロス流考え方

聞き方上手が上達のコツ

上手な聞き方をすることが上達のコツ!という話を書きました。 メジャー自分で考えてみてから提案と選択肢を出して聞いてみるという順番が大事だと思います。 自分でいくつか考えて相手に選んでもらうという聞き方をすると、相手に負担かけずに色々とアドバイスをもらえるのかなと思います。
ヒロス流考え方

自分と踊りたいと思う踊りをする

今の自分と踊ってみたいか。今の自分と一緒に過ごしたいか。今の自分と一緒に仕事をしたいか。自信と謙虚さのバランスを保ちながら、自分を客観的に観察できるといいと思います。
ヒロス流考え方

最低20回は繰り返すこと

社交ダンスから学んだヒロス流考え方。◆伝える時も聞くときも  20回の繰り返しを前提とする ◆伝え方は努力が必要 ◆伝える側は心理的な  テクニックも必要 ◆一つの言い方方法しか  見つからない場合は  視野と知識の狭さを疑うこと
ヒロス流考え方

自分が情報弱者と感じて調べることが大事

三密を避けることソーシャルディスタンスを保つの代償 情報弱者と気づけることが大事 プラスチックゴミについても調べよう だれも嘘はいっていない事実 何かを誰かを批判するのはよくない
ヒロス流考え方

上手な点や強みを見つけられますか

欠点や苦手を見つけることは得意だと思います。 欠点や苦手なことからは、次に活かせることや今後すべきことのヒントがあります。 うまくいかない場面の対応策や欠点、苦手部分の改善方法について書きました。 上手くいく得意な部分を伸ばしましょう。  社交ダンスから学んだヒロス流考え方 静岡県静岡市清水区の社交ダンス教室
ヒロス流考え方

社交ダンスのココがちょっと難しい理由

社交ダンスの難しさ。でもその難しさには、効能があります。難しいから脳がフル回転。脳の活性化、脳トレに良い刺激になるはず。2人で踊る社交ダンスの不確実性が難しい。 伝達リードが伝わらない分からないことが難しい。 ステップの順番が常に同じではない難しさ。 他のカップルやフロアーに合わせる難しさ。静岡県静岡市清水区
ヒロス流考え方

わかりやすさのコツ 社交ダンス編

分かりやすさは、親切さ優しさおもてなしの心が大事という話を書きました。 相手を大切に観察する。 伝えるスピードと量を考える。 お客様生徒さんのメリットになる内容にする。 静岡県静岡市清水区の社交ダンス&貸しレンタルスタジオ 社交ダンスから学んだ考え方
ヒロス流考え方

集中力がすべてを解決してくれる

静岡市清水区 メンタルトレーニング 機嫌良く過ごすコツ について書きました。 ■機嫌よく過ごすことが最大のテーマ ■機嫌よくいることのメリット ■考え方だけでは解決できない ■集中力があるかないかがポイント ■集中力を高めるトレーニングが必要
ヒロス流考え方

社交ダンスで得られる3つの幸せホルモンについて

✔どうして「うれしい楽しい気分がいい」ときがあるのか ✔社交ダンスを踊るとなぜ機嫌が良くなるのか について書きました。 ◆不安やイライラが減って気持ちが落ち着くやる気がでるという「セロトニン」 ◆やる気元気が出るという「ドーパミン」 ◆コミュニケーションでやさしい気持ちになるという「オキシトシン」 3つの幸せホルモン
ヒロス流考え方

認知症予防の高齢者 運動 静岡市清水区

人生100年時代での認知症の予防への関心。 ヒロス流考え方ですが ■週に2時間以上の運動 ■6時間以上の睡眠 ■機嫌良いコミュニケーション が認知症予防に役立つと思っています。 静岡市清水区 
ヒロス流考え方

相手があってこそ成り立つと

社交ダンスも会話も相手があって成り立つもの。相手がいることに感謝が大事。 相手より自分の言動に気を使い過ぎていることが多くなりがち。 自分と話すことで相手が楽しくなく、機嫌が良くなるようにちょっとだけ相手に気を使うことを意識しましょう。
ヒロス流考え方

執着しすぎないこと 社交ダンス上達のコツ

執着しすぎるのはトラブルの元だと思います。 執着しているときその裏にもっと執着しているものがあるはずです。 執着は視野を狭くし次へのステップを阻害することもあります 執着しすぎることで悩んだり苦しむこともあります。  執着は多少の機嫌の悪さを伴うとも思います。 執着がなくなって機嫌よく過ごせるといいと思います。
ヒロス流考え方

観察力の強化を心掛ける

興味と関心と意識を持って相手の肩を観察することが大事だと思います。観察することは実はなかなか難しい。 ✔言語化することができたとしても難しい ✔言語化も伝え方も難しいだから観察することが大事。言語化できなかった場合には『観察するということ』に重点をおいて 上手な人間関係につながるといいと思います。 人間関係のコツ
ヒロス流考え方

共感共有が社交ダンスレッスンのスタート地点

悩み不安など普段言葉にできていないことを◆言葉にして言ってもらう◆言葉にして伝え合う。言葉、言語化することで 1.まずは、知ってもらえる2.悩み不安などを共有できる3.一緒に解決策に取り組める 言葉すること、そして会話することで✔知識の共感共有✔感情の共感共有✔踊りづらいと所の共感共有していきたいとおもみます。
ヒロス流考え方

数値化できな物事の破壊力は大きい

世の中は、数字、データ、ビックデータなど数値で納得したり説得力をもったり、程度を共有したりできます。一方、数字化数値化できない、好き、美味しい、痛いとか、怖い、不安ということは、他人と共有できないことが多いです。 そんな話をブログに書きました。静岡県静岡市清水区の社交ダンス教室、社交ダンサーヒロス。
ヒロス流考え方

運動後社交ダンス後に頭が良くなる実感

加齢と老化。将来の不安解消策に社交ダンスでの脳トレはいかがでしょうか。 静岡県静岡市清水区の社交ダンス教室ヒロスダンススタジオでは、体力、経験に合わせたレッスンを行っております。ゆっくりとしたテンポ、踊りやすいステップの社交ダンスのレッスンです。社交ダンスを踊った後は、頭がスッキリ頭の回転がよくなるように感じます。
ヒロス流考え方

不確実性と曖昧さへの対応力が身につく方法

日頃のコミュニケーションが大事だと思います。 社交ダンスでも、日常生活でも、ビジネスでも✔理屈や常識だから、✔ルールだから、規則だからで、 済ませられない多くの場面に、多くの人と遭遇することが大事だと思います。 ■曖昧さへの対応 ■不確実性への慣れ この2つのことに上手に対応していける 力を社交ダンスで学べると思います
ヒロス流考え方

「わからない」や「疑問の状態」で過ごすメリット

不安な状態は悪くないかも 新しいことに挑戦することも不安 不安な状態に置かれている自分に気づくメリットについて書きました。 不安な状態は常にあるものと考えること。 「不安」を「集中できていない」と言い換えること。 社交ダンスから学んだヒロス流考え方 静岡県静岡市清水区 社交ダンス&貸しレンタルスタジオ
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました