社交ダンス上達のコツ:自動的に踊れる部分を増やすこと

音楽とダンスの社交ダンスを踊る方法 社交ダンス

あれこれ考えずに自動的に踊れることのメリット

社交ダンスを気持ち良く踊る状態は
・いい音楽を楽しみながら踊る状態
・一人では踊れないバランスを感じながらドル状態

そんなときだと思います。

 社交ダンス、その音楽と踊りに
酔いしれる時間が心地よいと思います。

 

しかし、

実際には、良い音楽が流れているのにも関わらず、

2,3,4,1 とカウントだけを
口ずさんだり、

1,2,3や、スロー、クイック、クイックの
自分のカウントを音楽の”スピード”に合わせて
踊るだけのときもちょくちょくあります。

 

カウントだけでなく、

「ここは、左手に注意しなければ・・・」

「ここは、顔を残して・・・」

「ここは、顔を先行してボディを残して・・・」

 

など、注意するところばかりを
気にして踊る部分もちょくちょくあります。

 

☑ カウントや注意点を気にせず
 自動的に踊れることで
 社交ダンスを最高レベルで楽しめると思います。

 

自分のカウントではなく音楽にのる

自分のカウントではなく
音楽のテンポに合わせて自動的に踊ると気持ちいいです。

 

踊り始めだけは、カウントやタイミングを
理屈と理論で考えていても良いと思っています。

 でも

踊り始めたら、音楽の抑揚やテンポにのって
音楽を楽しみながら踊ることを目指したいですね。

 

そのためには、
✔この音楽は、タンゴだね
 この音楽は、ルンバだね。

というぐらい、自動的に

✔流れているメロディーの中の
 カウントとステップが合致する
 ようになるといいと思います。

 

☑自動的に音楽にのれるようになる
 ヒロス流考え方は

1.一人で音楽に合わせて、身体を揺らす

2.2人で組んで、音楽に合わせて
  小さな、少ないステップを踊る

3.回転量や、移動を考えずに
  音楽を楽しむ気持ち最優先で
  決まりきった安心したルーティンで踊る

4.心の中で、または、
  鼻歌まじりで踊る

5.1曲すべてのステップではなく
  1曲の中の一部の
  ・自信あるステップ
  ・外回りの部分
  ・自分が前進のステップの部分

  だけを元気に大きく踊ってみる

こんな手順で

✔ カウントを口ずさんだり
 頭の中でカウントを考えず

☑自動的に音楽のテンポとタイミングで
 踊れるようになると思います。

 

アドバイスや注意点を気にせずに踊る 

姿勢フットワークや視線を気にせず
ステップや相手とのポジション合わせて
自動的に踊ると気持ちいいです。

 覚えたステップ
踊れるステップなのに

✔あれこれ注意しながら、
 気にしながら踊るので
 もったいないです。

 

 そのためには、
このときは、こう踊る
このときは、こういう姿勢
このステップは、このフットワーク

ということをしっかりと見につけて
自動的に
 ・その踊り方
 ・その姿勢
 ・そのフットワーク

になるように、忍耐強く練習することが大事です。

 

☑自動的に姿勢フットワークを気にせず踊るようになる
 ヒロス流考え方は

1.ブルースを踊りながら
  シューズが床から離れる時を
  できるだけ少なくする

2.ブルースを踊りながら
  内回り、外回りの時の
  ポジションを身につける

3.ブルースを踊りながら
  各ステップの特にニ歩目の
  フットワークを完全に身につける

4.ルンバウォークを
  超ゆっくり行う。
  1歩30秒で
  ジジジとゆ~っくり
   ・シューズを出し
   ・体重を移動し
   ・ボディーを動かす
  という練習をたっぷり行う

5.1~4をたっぷり練習して
  基礎部分を無意識的に踊れるようにする

6.音楽だけに集中して
  気持ちよく踊りながら
  先生などに、
  気になるところを「ツンツン」と
  触れてもらって、
  その時だけ意識することに慣れる。

 

こんな手順で

✔ 姿勢やフットワークや
 注意点を気にぜず考えず

☑自動的にそのステップ、そのポジションで
 踊れるようになると思います。

 

思っている以上自分だけで練習できることが多い

これから迎える年末年始で
時間があるときに

リビングや廊下などで
練習できるといいと思います。

 家でちょっと練習していることで
上達を実感できたり
ダンスシューズを履いていない中
自分の中で良いことを発見できたりします。

 

年末年始 レッスンがお休みになる場面も
多いと思います。

是非、家で練習できる部分に
挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました