課題はそれぞれ違う

カップルのコツ 男女の課題 ヒロス流考え方

カップルのコツ 男女の問題

今回のブログは、
社交ダンスから学んだ考え方

同じ事柄でも相手と自分の
課題はそれぞれ違う

 

という話をしたいと思います。

今回は、思考の性差
・男性は、決めたい指示したい
・女性は、聴いてもらいたい話したい

という思考の違いではなく、

ふたり一緒、みんな一緒に
取り組んでいても、
一人ひとり課題が違うということ。

 

社交ダンスでは、
【男女一緒の目標】
  大きく移動して、上手に見せよう!!

という時、
【課題】やること
女性は、上手な後退、
男性は、上手な前進。

 

【男女一緒の目標】
  大きな回転をして上手に見せよう!!

という時、
女性は、内回りだから小さく
男性は、外回りだから大きく

 

2人一緒に協力しあって、
5~8歩程度の同じステップのでも
男性と女性の動きと課題は、
全く別だったり、逆だったりします。

 

家庭、ビジネスにおいても
同じことが言えます。

同じ目標、同じ問題を抱えても、

 

社歴、年齢、専門知識の量で
・相手と別の課題が気になったり、
・相手の問題の捉え方が違ったり、
するということです。

 

重要なことは、
仲間と

■一人ひとりが目的共有意識を
 強く持つこと。

そして、あ互いに、そう信じ合うことで、
同じ場面・目標・トラブルでも、
人それぞれ課題が違っても
お互いを承認し合えます。

 

社交ダンスから学んだ
ヒロス流考え方でした。

また、ブログをみてください。

よろしくおねがいします。

 

 

P.S.

男女、カップル、で練習前から、
相手の機嫌が悪い時も似たように考える。

相手が自身で機嫌がわるい状況だから、
相手の課題だから、あなたから、何かしないこと。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました