聞く側 話す側 理解しておくこと

社交ダンス 聞き方 話し方 ヒロス流考え方

社交ダンス 聞き方 話し方

私達が

●レッスンで心がけていること

●練習で心がけていること

●カップルで心がけていること

について話します。

 

あなたが【話す側】【聞く側】の時にも

参考になるといいと思います。

 

 

☑聞いたことは、忘れる

 → 伝えたことは忘れられる

 

☑見たことは、思い出せる

 → 見てもらったことは思い出してもらえる

 

☑踊ったことは、少し分かる

 →踊ってもらったこと
  少し分かってもらえる

 

☑気づいたことは踊れるようになる

 →気づき・理解されたこと
  あとで一人でも踊ってもらえる

 

このように意識しています。

 

・話したこと
・見せたこと
・踊ったこと

は、

そんな簡単には、

聞く側に伝わらない、

 

話す側がすぐに満足してはいけない

 

ということです。

 

たった一回、たった一度では、

わからないし、理解し合えない

ということを意識して、

 

 話す側も、聞く側も

何度も、

じっくり

繰り返し 話をしましょう。

 

だから

レッスンでは、

何度でも、丁寧に説明します。

そして

何度でも、聞いてください。

 

 

ヒロスダンススタジオでは

レッスンの前や後の会話も

大切に考えて、

これからもたくさん会話させてくださいね。

 

社交ダンスから学んだ

ヒロス流考え方でした。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました